200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムのレンタカー、価格やキャンペーン、保険、空港送迎などの比較。

 - グアム島の交通

      2019/03/28

グアムでレンタカーを借りたい!
・・・と思っても、いろいろなレンタカー会社があってどこにしたらいいのかわからない・・・。

というわけで、グアムのレンタカー会社をいろいろ比較してみました。
ご自身の滞在プランに合わせて選んでみてください!

スポンサーリンク

レンタカー会社一覧

まず最初にグアムではどんなレンタカー会社があるのかの一覧です。

※以前はバジェットレンタカーもグアムにあったので掲載していましたが・・・現在は取り扱いがないようなので外させて頂きました。

聞いたことがある有名なレンタカー会社ばかりなので安心して借りられるのではないでしょうか。

ジャパンレンタカー以下4社は同じ敷地内で営業されており、価格やサービスも似通っています。

ちなみにニッサンレンタカーは上記リンクではなく、iGuam.jpというサイトを経由した方がWi-Fiルーターやガソリン満タン無料などのオプションがつくキャンペーンを実施していることもあるのでお得かもしれません。

[参考]iGuam.jp

 グアムのレンタカー各社比較

グアムのレンタカー各社を項目ごとに比べていきましょう。
以下、2019年3月現在の情報となります。(最新情報は上記リンク先よりご確認ください)

レンタカー料金比較

レンタカー会社 最安価格(24時間あたり) 車種
ニッポンレンタカー $48 トヨタ・ヤリス、ニッサン・ヴァーサ
トヨタレンタカー $48 トヨタ・ヤリス
ニッサンレンタカー
※iGuam.jp利用
$36 ニッサン・ヴァーサ
ハーツレンタカー $27 ミツビシ・ミラージュ
エイビスレンタカー
※円建ての場合
12,200円 トヨタ・ヤリス
アラモレンタカー 2,816円 不明
ジャパンレンタカー $25 トヨタ・ヤリス、ニッサン・ヴァーサ
ダラーレンタカー $25 トヨタ・ヤリス、ニッサン・ヴァーサ
ワンズレンタカー $24 トヨタ・ヤリス、ニッサン・ヴァーサ
タイコーレンタカー $23 トヨタ・ヤリス、ニッサン・ヴァーサ

いずれも24時間レンタルで一番安価なプランを選択した場合の価格(と、その時に借りられる車種)を調べました。
※保険やオプションも一切つけなかった場合の料金比較です。
※特殊なキャンペーン(会員しか享受できないサービスなど)も考慮していません。

記事執筆時点ではタイコーレンタカーの$23/日が一番安価ですね。
一日あたり$23で借りられることを考えたら、2人以上の旅行であればシャトルバスのチケットを購入するよりも安価に済むかもしれません。

また、24時間ではなく例えば3時間のみ借りたい場合、数日レンタルしたい場合などによって料金は変わってきます。
ただし総合的に観ても1日あたり$23でのレンタルというのは格安ですので、価格面を重視したい場合はタイコーレンタカー一択と言えそうです。

任意保険比較

レンタカー会社 LP/LI CDW ZDW
ニッポンレンタカー $15/日
免責$1,000
CDW+$5/日
※タイヤ・リム・ホイールは適用外
トヨタレンタカー 右記CDWに付属 $17.95/日~
免責$1,000
※タイヤ・リム・ホイールは適用外
ニッサンレンタカー
※iGuam.jp利用

免責$500
$12/日(フルカバー保険)
※タイヤ・リム・ホイールも適用
ハーツレンタカー $26.99/日~
エイビスレンタカー
※円建ての場合
アラモレンタカー 2,523円/日~
免責$500
2,962円/日~
※タイヤ・リム・ホイールも適用
ジャパンレンタカー
免責$500
CDW+$10/日
ダラーレンタカー
免責$500
CDW+$10/日
ワンズレンタカー
免責$500
CDW+$10/日
タイコーレンタカー
免責$500
CDW+$10/日
レンタカー会社 LPS/LIS PAI/PRI NOP/LUW
ニッポンレンタカー $7/日
1事故あたり+$500,000
$10/日 $5/日
トヨタレンタカー $13/日
ニッサンレンタカー
※iGuam.jp利用
$12/日
ハーツレンタカー $9.99/日
$500,000
$10.99/日
エイビスレンタカー
※円建ての場合
アラモレンタカー 1,204円/日
ジャパンレンタカー $15/日~ $7
ダラーレンタカー $15/日~ $7
ワンズレンタカー $15/日~  $7
タイコーレンタカー $15/日~ $7

USのレンタカーにも強制保険と任意保険があり、基本的にどこのレンタカー会社を利用してもLP保険(自動車損害賠償保険)はレンタカー料金に含まれています。
※ただしトヨタレンタカー、ハーツレンタカー、アラモレンタカーはWEBサイトからの確認ができませんでした。

任意保険はあくまで任意保険ですので、事故に遭わないのであれば加入する必要はありません。
ただしニッサン、エイビス、ジャパン、ダラー、ワンズ、タイコーの各レンタカー会社はあらかじめCDW(車両保険)が含まれています。
※ニッサンレンタカーはiGuam.jpを利用した場合。

また、エイビスレンタカーは円建てで支払う場合には他の各種保険も料金に含まれており安心です。

任意保険は「結局どれに入っておけばいいの?」と言う答えがなかなか出せませんよね。
いくら注意して運転していても、相手がぶつかってくるなど巻き込まれてしまう事があるのも自動車の怖いところです。

以下に各種保険の内容を簡単にまとめましたので参考にしてみてください。

LP(自動車損害賠償保険)

事故によって第三者に損害を与えた場合、対人・対物に対して補償される保険。

アメリカにおける強制保険であり、基本的には1事故あたりで対人に$300,000程度となっているところが多い。

CDW(車輌損害補償制度)

事故などによって車両に損害を与えた場合、支払わなければならない賠償額の限度額(免責)を設定できる制度。
加入することによってだいたい$500程度の免責額になる。(5万円以上は支払わなくて良いということ)

ただし、レンタカー会社によっては事故処理手数料として別途$150~$250がかかる可能性も。
また、タイヤの破損などには適用外となるケースが多く、例えばパンクした場合には別途実費請求される点に注意。

ZDW(免責補償制度)

CDWの免責額を0円にしてくれる制度。

各社内容や名称(ZDW/SZC/SUP/ZDS/LDW)が少しずつ異なるものの、事故時などの車両損害に対する支払をゼロにするという意味では同じです。

ニッサンレンタカーのフルカバー保険SUPおよび、アラモレンタカーのDPは加入することで、タイヤやリム、ホイールキャップの損害もカバーしてくれるようになります。
※下記「リティディアンビーチへの乗り入れについて」もご参照ください。

LPS/LIS(追加対人対物補償)

加入によって強制保険の補償額を引き上げることが出来る保険。
ニッポンレンタカーではもともとの$500,000から$1,000,000まで補償額を引き上げられます。

PAI/PRI(搭乗者傷害保険)

事故時の搭乗者(運転者および同乗者)に対する保険。

逆に言えば・・・これに加入しなければ搭乗者に対する補償は全くなし、ってことですね。
しかもこの保険に加入していたとしても、適用されるかどうかは「怪我の状態による」ってところらしいので・・・アメリカのレンタカー保険事情はなかなかシビアなんだなと思わせられます。

NOP/LUW(休車補償制度)

事故時に故障車輌の修理等で営業に支障がでた際、営業所に対して損害賠償を支払う可能性があります。
場合によっては1日あたり$150~$250程度かかるのですが、それを補ってくれるのがNOPです。

※追記:リティディアンビーチへの乗り入れについて

保険と関わってくる項目として、リティディアンビーチへ行けるのか否かといった点も追記させて頂きます。

リティディアンビーチはグアムで一番きれいなビーチとして名高いスポットなのですが、シャトルバスやオプショナルツアーなどがなく、レンタカーでしか行くことが出来ません。
そのため、「リティディアンビーチへ行くためにレンタカーを借りたい」という人も少なくないでしょう。

ただ、リティディアンビーチまでの道は舗装されていない場所を通過する必要があり、車両が傷つく可能性が非常に高いです。
特にグアムのレンタカーで加入できるCDW保険だとタイヤやリム、ホイールキャップの損害をカバーしてくれないものがほとんどで、万が一パンクしてしまった場合には別途損害賠償を請求されてしまうことになります。

もしリティディアンビーチへ行きたいのであれば、必ず「タイヤ・リム・ホイールキャップも適用」となっている車両保険へ加入するようにしましょう。

オプション比較

レンタカー会社 追加運転者 チャイルドシート その他
ニッポンレンタカー $8/人 $8/回 携帯電話貸出 $9/台
※要クレジットカード
カーナビ $10/日
トヨタレンタカー $10/人 $10/日 カーナビ $15.95/日
ニッサンレンタカー
※iGuam.jp利用
1名無料 2台無料 ガソリン満タン返し不要:無料
WiFiルーター無料

カーナビ$7.5/日
車椅子貸出無料
ハーツレンタカー $13/日 $11/日
(ブースターシート$7/日)
カーナビ $11.95/日
エイビスレンタカー
※円建ての場合
有料 有料 ガソリン満タン返し不要:無料
アラモレンタカー 不明 ブースターシート 660円/日 カーナビ 824円/日
ジャパンレンタカー 1名無料 3台無料 カーナビ $8/日
※3日以上なら$5/日
ダラーレンタカー
ワンズレンタカー
タイコーレンタカー

各社オプション料金の比較です。

追加運転者

追加運転者は例えばご夫婦や友達同士でレンタカーを利用する際は必ず登録しておくべきものです。
登録のない人が事故を起こした場合には保険が適用されなくなってしまうので注意。

ニッサンレンタカーおよび、ジャパン、ダラー、ワンズ、タイコーレンタカーでは1名まで無料となっているのでお得ですね。

チャイルドシート

グアムでもお子様を車に乗せる際にはチャイルドシートの使用が義務付けられています。
年齢によってベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート(ブースター)が用意されているので、レンタカー会社に申し出るようにしましょう。

ニッサンレンタカーおよび、ジャパン、ダラー、ワンズ、タイコーレンタカーでは無料で借りることができるのでお得です。
特にジャパン、ダラー、ワンズ、タイコーの4社は「3台まで無料」となっているので、大家族には嬉しいところ。
※ただしエコノミー車種の場合は3台の取り付けが出来ない可能性もあるので注意。

トヨタレンタカーやハーツレンタカーのように1日あたりいくらという設定されているところもあれば、ニッポンレンタカーのように1回あたり(何日でも)の価格表記になっているところもあるので借りる際にはしっかりと確認するようにしてください。

その他

その他オプションとしては、カーナビやWiFiルーター、ガソリン満タン返し不要などがありました。

カーナビもあると便利ですよね。
1日あたりの価格だとニッサンレンタカーが安いですが、3日以上借りることでジャパン、ダラー、ワンズ、タイコーの4社が$5と格安になります。

WiFiルーターはタモン地区にいる間はほとんど必要ありませんでしたが、レンタカーでタモンを離れた際には重宝しました。
レンタカーサービスと紐づけて貸し出しを行っているのはiGuam.jpを利用した時のニッサンレンタカーだけのようです。

そしてガソリン満タン返し不要・・・これは何気にありがたいオプションです。
グアムでのレンタカーなんて、たいした距離を乗るわけでもないのでガソリン代は微々たるもの。
ですが、返却時に一旦ガソリンスタンドに寄って・・・というのは煩わしいですよね。
※レンタカーはガソリン満タン返しが基本。

こちらもiGuam.jpを利用したニッサンレンタカーでは無料でついてくるプランがありますので上手に利用したいところです。

送迎・返却比較

レンタカー会社 営業所からの送迎 車両返却
ホテル送迎 空港送迎 空港返却 乗り捨て
ニッポンレンタカー 無料
※レオパレス・スターツは片道$25
空港お迎え:$9/人
営業所から空港へお送り:無料
$25
CDW要加入
$25
CDW要加入
トヨタレンタカー 無料 空港営業所あり ホテル乗り捨て $20
空港乗り捨て不可
ニッサンレンタカー
※iGuam.jp利用
無料
※レオパレスは除く
空港営業所あり ホテル返却 $10
ハーツレンタカー 空港営業所あり
エイビスレンタカー
※円建ての場合
無料 空港営業所あり
アラモレンタカー 空港営業所あり 一部可
ジャパンレンタカー  無料
※レオパレス・スターツは除く
空港送迎:片道$3 ダラーレンタカー委託
※空港施設使用料が別途発生
ダラーレンタカー 無料
※レオパレス・スターツは除く
空港営業所あり
※空港施設利用料:無料
ワンズレンタカー 無料
※レオパレス・スターツは除く
空港送迎:片道$3 ダラーレンタカー委託
※空港施設使用料が別途発生
不可
タイコーレンタカー 無料
※レオパレス・スターツは除く
空港送迎:片道$3 ダラーレンタカー委託
※空港施設使用料が別途発生

レンタカーを借りる際、または返却する際に「どこで」というのも重要なポイントになってきます。

基本的にグアムのレンタカー会社では配車サービス(車両を宿泊ホテルまで手配してくれるサービス)は行っていないため、借りる際は必ず「各営業所での契約」が必要となります。
そのため、何らかの手段で各レンタカー会社の営業所まで行かなくてはなりません。

空港到着時に空港営業所で借りられるのが一番スムーズですが、「空港からホテルまでの送迎付き」というツアーでグアム旅行をしている方も多いと思います。
その場合には一旦ホテルにチェックインをして、その後にレンタカー会社の営業所へ行くという手順になりますね。

各営業所がホテルから近いとは限りませんので、レンタカー会社が用意してくれている「ホテルから営業所までの無料送迎」を使うようにしましょう。

また、返却時にもホテルで返却できると時間のロスが少なくて済むためオススメです。

オープンカー・ピックアップトラック比較

レンタカー会社 オープンカー ピックアップトラック
ニッポンレンタカー マスタング・カマロ $128/日~ なし
トヨタレンタカー
ニッサンレンタカー
※iGuam.jp利用
なし なし
ハーツレンタカー マスタング $85/日 なし
エイビスレンタカー
※円建ての場合
マスタング 19,200円 なし
アラモレンタカー なし フロンティア 8,840/日
ジャパンレンタカー マスタング・カマロ $77/日 タコマ・フロンティア・タンドラ $65/日~
ダラーレンタカー マスタング・カマロ $78/日 タコマ・フロンティアなど $68/日~
ワンズレンタカー マスタング・カマロ $76/日 タコマ・フロンティアなど $58/日
タイコーレンタカー マスタング・カマロ $75/日 タコマ・フロンティア・タンドラ $59/日~

「せっかくのグアムだし、南国の風を感じられるオープンカーに乗ってみたい!」
「街中でよく走っているピックアップトラックを体験してみたい!」

レンタカーならそういった夢も叶えることが可能です。

基本的にオープンカーとして設定されているのはフォード・マスタングかシボレー・カマロのみ。
アメリカンポニーカー(マッスルカー)を体験するという意味でもいいチャンスかもしれませんね。

記事執筆時点で一番安価なのはタイコーレンタカーの$75/日でした。

グアムでは本当によく見かけるピックアップトラックもレンタル可能です。
こちらはワンズレンタカーで$58が最安となっています。

ちなみに日本では禁止されているピックアップトラックの荷台への乗車ですが、アメリカでは禁止されていないそうです。
ただし、荷台にはシートベルトも窓もありませんから、万が一のことを考えたら荷台に乗って移動するなどは当然しない方が良いでしょう。

年齢制限について

グアムでレンタカーを借りる場合は「21歳以上」という年齢制限が課せられることが多いです。
これは飲酒に関してもそうで、日本でのルールとはちょっと違う部分ですね。

21歳未満の方は「年齢制限なし」のニッポンレンタカーか、「18歳以上から可能」となっている、ニッサンレンタカー、ジャパンレンタカー、ダラーレンタカー、ワンズレンタカー、タイコーレンタカーを利用することになります。

ただし21歳未満の方や免許取得後1年未満の方には任意保険の加入が条件となったり、免責が受けられない可能性があったりしますので、借りる前に確認しておきましょう。

レンタカーを借りる際に必要なもの

グアムでは入国30日以内であれば国際免許証が必要ありません。
そのため、日本の運転免許証を持っていればレンタカーを借りて運転することが可能です。

必ずレンタカーの契約の際、運転する際には免許証を携帯してください。

また、契約の際に国際クレジットカードが必要となることがほとんどです。
ブランドはAMEX、DINERS、VISA、MASTERだけでなくJCBも使えます。

クレジットカードを持っていない場合には各種保険(制度)に現金で加入、さらにはデポジットを現金で支払うといった条件込みでレンタルすることが可能な会社もあります。
事前に確認しておきましょう。

キャンペーンやシーズン料金

上記以外にもグアムのレンタカー会社はたびたびキャンペーンを打っていたり、またシーズンによって価格が変動することがあります。

それでも高額な料金のレンタル会社が安価な料金の会社よりも安い設定になることはないと思った方がいいでしょう。

オススメレンタカー会社は?

さて、以上を踏まえたうえで、私たちがオススメしたいレンタカー会社はニッサンレンタカーです。

はじめてのグアムのレンタカーはNISSANがオススメの理由

レンタル料金こそ$36と、最安値よりは$13ほど高額ですが、iGuam.jpから申し込むことでそれに見合うほどのオプションが得られますよね。
特にWifi無料、ガソリン満タン返し不要、空港返却可というのが大きいです。

もし日数を多く借りるのであれば最安値のタイコーレンタカーか、同じネットワークであるダラーあたりがオススメです。
私たちはジャパンレンタカーも利用しましたが、安く借りるという意味ではとても便利でした。

グアム最安のジャパンレンタカー $28プラン体験記

これらの会社はウェブサイトも日本人向けに見やすく作られているので借りやすい点もオススメポイントになります。

おわりに

レンタカーは以下の項目で選択基準が変わってくると思います。

  • 何日レンタルするのか
  • 子供を乗せるか否か
  • ナビは必要か
  • 運転者は1人か
  • 若年運転者はいるのか
  • ローシーズンかハイシーズンか
  • 任意保険にどこまで加入するか
  • どこで借りてどこに返すのか
  • 送迎は必要か

これらの情報を自分の旅行プランと照らし合わせてみて、そこから一番適したレンタカーを選ぶのがベストですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメのもう1記事

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い