200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムの雨季っていつ?気温や台風、天気について。

グアムは常夏の島のイメージがあると思いますが、いざ旅行に行くとなったら気になるのが天気です。

毎日青空で晴れてくれるのが理想ですが、天気は自然のもの。
なかなか上手くいかないこともありますよね。

でも、グアムの平均的な気候の動きを把握しておけば、旅行の時期を選ぶのにも役立つでしょう。
グアムの気候についてまとめましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

グアムの気候

sunray1

グアムは典型的な海洋性亜熱帯気候の島です。
気温の差が1年通して小さく、平均気温が27℃~28.5℃のため、1年中海で遊ぶことができます。
※最高気温32℃~最低気温21℃ぐらい

temperrature

そして南国旅行の時に気になる雨ですが、
乾季は11月から5月
雨季は6月から10月
となっており、年間降水量である約2500mmの雨のうち実に2/3ほどが雨季の時に降っています。

逆に、乾季雨季関係なく、グアムは1年中紫外線がとても強いです。
日本に比べてジリジリと痛いくらいの日差しになるので紫外線対策、熱中症対策は必ずしましょう。

※グアムで外に出る時は日焼け止めを必ず塗るようにしてください。
日本の夏とは違い、皮膚が火傷を起こす可能性があります。
※日中出歩く時は飲料を携帯し、こまめに水分補給をするようにしましょう。

グアムのベストシーズン

グアムのベストシーズンは1月~5月。
雨が少なく、湿度も低く、カラっと晴れた日が続き、爽やかな南の島を満喫できます。
雨が降ったとしても5分程度の短いスコールであることが多く、少し雨宿りをすればOK。

乾季は11月~5月とされていますが、11月・12月は雨期からの変わり目となり、降水量がやや高めです。

グアムの雨季の特徴

せっかく旅行に行くのに雨季だと少し残念ですよね。
でもグアムの雨季は晴れ間も多く、ビーチも楽しむことができる場合が多いです。

グアムでは雨季といっても日本の梅雨のように毎日ジトジトと雨が降るわけではなく、ザーっと降ってはカラリとあがるスコールの回数が多いという天候なんですね。

スコール前には黒雲が空を覆いますが、その雲が過ぎた後は青空が広がり、あっという間に晴れてしまったりします。

なので雨季と言っても「雨が降り続いて海に全く入れなかった」ということにはなりにくいのです。
(もちろん雨が降り続くことが全くないというわけではありません)

rainyday2

ちなみに雨季の雨上がりには大きな虹が見えることもしばしば。

グアムの台風について

7~10月は台風が発生しやすいシーズン。
熱帯性低気圧の発生により、数日間雨が降り続くことも。

実は日本に来る台風はほとんどがグアム近海で発生したもの。
また、数年に一度大型の台風が上陸し、島に大きな被害をもたらすこともあります。

台風による甚大な被害のせいで廃業に追い込まれたホテルがあるほどです。

おわりに

天気は旅行の楽しみを左右する大きなポイントですよね。
ですが、晴れていたら晴れていたときの、雨が降っていたなら雨が降っていたときの楽しみ方を見つけられるのもグアムの魅力かもしれません。

雨でもグアムは楽しい!雨季の時期のグアムを楽しむ方法

スポンサーリンク

 - グアムの気候・服装

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/10/03

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い