200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムのシャトルバスはアプリのタイムパスチケットがお得で便利!

グアムのツーリストにとって重要な交通機関であるシャトルバス。
ツアー会社によってはシャトルバスの乗り放題チケットがついていたり、独自のシャトルバスを走らせるほど旅行者のグアムでの移動には欠かせません。

そんなグアムのシャトルバス代表選手とも言える「赤いシャトルバス(ラムラムトロリー)」に電子チケットが登場しました!

もし、申し込んだツアーにシャトルバスチケットがついていなかった場合、今までは現地で購入する必要がありましたが、電子チケットなら前もって準備が可能です。
また電子チケット限定の「タイムチケット」はとてもお得な価格になっているのでおすすめ!

※追記:私たちも2017年9月に実際に電子チケットを利用してきました。
詳しい使い方についてまとめましたのでぜひこちらも参考にしてみてください。

グアムの赤いシャトルバス(ラムラムトロリー)「Lamlam」アプリでのチケット購入、利用レビュー!

スポンサーリンク

赤いシャトルバスについて

the_plaza2

赤いシャトルバスはツーリストの重要な交通機関です。

ホテルロードから人気のショッピングスポットであるマイクロネシアモールやGPOに行くバスは約10分間隔で運行されるほど頻繁に走っています。
時間も朝9時頃から夜9時頃まで走っているのでとても便利。

そのほかにも、免税店であるTギャラリアと人気スーパーのKマートを結ぶルート、3大ショッピングスポット(マイクロネシアモール・GPO・Kマート)を結ぶルート、恋人岬に向かうルート、チャモロビレッジに向かうルート、デデドの朝市に向かうルートなど・・・ツーリストにとって重要な場所への交通手段として重宝されています。

なので、赤いシャトルバスに乗れるチケットさえあれば、グアムでの交通に困ることはほとんどありません。
これだけで満喫できると言っても過言ではないでしょう。

詳しい経路や時間、価格については以下の記事も参考にしてみてください。

これで完璧!グアムの赤いシャトルバスのルートを確認しておこう

電子チケット限定のお得なパスの内容

WiFi

今回登場したのは、スマホで使える「電子チケット」です。
この電子版にお得な限定チケットがあるので紹介します。

電子チケット限定なのは「3時間タイムパス」と「6時間タイムパス」というもの。
要するに3時間(または6時間)の乗り放題チケットです。

それでいて料金は「3時間タイムパス」が$3、「6時間タイムパス」は$6となっており、かなりお得。
上手に利用したいですね。

ちなみに通常のチケット(電子チケット以外)であれば、1回の乗車で$4、1日乗り放題だと$12、2日乗り放題で$15、5日で$25という価格体系です。

朝から晩までバスを利用して移動したいというのであれば1日乗り放題がおすすめかもしれませんが、正直言ってグアム滞在中にまる1日バスに乗っているなんてことはないでしょう。
乗ったとしてもショッピングスポットへの往復・・・などですよね。

もし人気の3大ショッピングスポットを全て巡るとしても、6時間もあれば結構見て回れると思います。
6時間内で収まれば、1日乗り放題チケットではなく6時間タイムパスで十分ですよね。

そうすると$6も節約できますので、休憩のアイスが買えちゃう金額が浮くわけです。

また、Kマートだけ行きたいという場合なら3時間もあれば十分でしょう。
普通にチケットを購入した場合、片道$4なので往復で$8必要だったのが、3時間パスならたった$3で済むわけです。

ただし、タイムパスチケットはチャモロビレッジ、恋人岬、デデドの朝市コースには利用できません。
※これは1日(2日・5日)乗り放題のチケットだったとしても同様です。

チャモロビレッジ、恋人岬、デデドの朝市に行くにはそれぞれ専用のチケットが必要になることに注意。

電子チケットの購入方法・使い方

doller1

電子チケットをスマホから購入するためには、まずアプリをダウンロードします。
※もちろんWebでの利用もできますのでパソコンからの購入も可能ですが、現地で使う際にはスマホが必要です。

アプリはwww.lamlamguam.comからダウンロード可能。

ダウンロードしたアプリを開いて、希望のチケットを購入すればOKです。
支払いはクレジットカードのみ。

事前に支払いが済ませられ、現地で購入する手間がなくなりますので、それだけでも便利ですね。

使い方は現地での乗車時に購入済みチケットが表示されたページを提示するだけでOKです。
このページが表示できないと現地で利用できないのでその点だけ注意してください。

※チケットページでの残り時間(動的な表示)を乗車時にしっかり見られます。
そのため、スクリーンショットの提示などでズルしようとしてもバレますのでご注意を。

ネットショッピングに抵抗がある方には少し不安かもしれませんが、オーダー手順はとても簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

追記:アプリダウンロードでお試し1時間

記事執筆時点では、アプリダウンロード者を対象にお試し1時間チケットが配られていました。

これをうまく使えばお試し+3時間チケットの追加購入で、丸一日ゆっくりショッピングに費やすこともできそうですね。

おわりに

電子チケットの登場および、3時間パス、6時間パスが導入されたのは個人的にはとても嬉しいです。
グアムリピーターのほとんどの方は、6時間乗り放題のパスがあれば十分だと感じるのではないでしょうか。

格安ツアーでグアムに行くとバスチケットがついていない場合が多いと思います。
そんな時にはこの電子チケットを上手に活用したいですね。

せっかくツアーを安くしたのに現地での交通費が高くなってしまったのではちょっと残念ですから・・・。

スポンサーリンク

 - グアム島の交通

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/06/10

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い