200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

ウェスティングアムのプール紹介!子連れで遊んできました!

グアムのタモン中心に位置するウェスティン。
立地が良く、人気のホテルです。

そんなウェスティンに3歳の息子を連れて家族3人で宿泊してきました!
ここではウェスティンのプールについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウェスティングアムのプールの種類

まず気になるのはプールの種類や雰囲気ですよね。
ウェスティンのプールはそれほど大きくないですが、結構いい雰囲気のプールです。

メインプール

メインのプールはプールバーがあるこのプール。
残念ながらスライダーなどの遊具は無く、シンプルなプールです。

我が家もほとんどこのプールで遊んでいました。
他の人もこのプールかビーチで遊んでいる人がほとんどでした。

ウェスティンのメインプールはちょっと形が独特。
上の写真で見えるプールの部分は全部繋がってます。
なので、「こっちのエリアに飽きたら、あっちのエリアまで行ってみよう!」みたいな感じで子供と満喫してました。

プールサイドで小さなカニを発見!

サブプール(滝あり)

メインプールの横にあるサブプールには滝があります。
もちろん滝修行、やっておきました。

メインプールに比べて、小さく、端にあるためか利用者が少ない印象。
私たちが遊んだ時はサブプール貸し切り状態でした。
サブプールの周りにはプールチェアがないので、こっちのプールでのんびりする人はいないのかも。

ジャグジー

ビーチを眺めながら入ることのできるジャグジー。
大人が6~7人入ればいっぱいになってしまうくらいのサイズです。

ジャグジーの横にはボタンがあって、ボタンを押すとブクブクします。
(※ボタンはジャグジーから出ないと届きません)
ジャグジーのブクブクが止まっているときにはボタンを押せば、ブクブクします。
私がジャグジーに入っている間は息子が間髪入れずにボタンを押してたので、ブクブクが止まることはありませんでしたが・・・。

個人的にウェスティンに限らずグアムのプールは水は冷ためな気がします。
プールや海で体が冷えてしまったら、ジャグジーで温まるのがおすすめです。

ウェスティングアムのプールの基本情報

ウェスティンのプールで遊ぶときの基本事項をチェックしておきましょう。

プールの場所

ウェスティンのプールは1階にあります。
ビュッフェレストラン「テイスト」とロクシタンのコスメと使ったスパ「ラベンダースパ」の間の通路を抜けていきます。

プールの時間(ナイトプールあり!)

プールの開放時間は7:00~22:00。
2016年からナイトプールの営業が始まり、遅い時間までプールが楽しめるようになりました。

タオルカウンター

宿泊者はタオルカウンターで無料でタオルを借りられます。
プールでは最初にタオルを借りて、遊びはじめましょう!

カウンターにいるスタッフに声を掛けたら、部屋番号を聞かれるので答えればOK。
必要な枚数を伝えて、タオルを受け取りましょう。
返却するときもこのカウンターに持っていくだけ。
簡単ですよね。

宿泊中、一度だけ「タオルが洗濯から戻ってきてないんだよ~」とスタッフに言われ、タオルなしで遊びはじめました。
でも15分くらいで大量のタオルが戻ってきたので、問題なし。

ちなみにこのカウンターで持参した浮き輪に空気を入れてくれます。
頑張って息で膨らませなくても大丈夫。

プールチェア

メインプールの周りにはプールチェアとテーブルがあります。
自由に使える代わりに早いもの勝ちです。
私たちの滞在は9月でそれほど混んでいなかったので争奪戦にはなりませんでしたが、大型連休などの繁忙期は朝早くに確保しておいたほうがいいかもしれませんね。

借りたタオルなどチェアに掛けて確保しておくといいですよ。

ウェスティンのプールチェアはメッシュタイプ。
個人的にはメッシュタイプのプールチェアが好きなのでよかった~。
布張りのチェアって、誰かが使った後だとガッツリ濡れていて、ちょっと気持ち悪いんですよね。
翌日の朝から使おうと思っても、乾ききってないことも多いし。
ビニールタイプもなかなか乾かないし、なんとなく清潔感がない気がして・・・。
なので、このメッシュタイプのプールチェアはお気に入りです。

トイレ

タオルカウンターの裏にトイレがあります。
なのでプール遊び中にトイレに行きたくなっても大丈夫。

カバナ

プールではありませんが、ウェスティン前のビーチにはビーチチェアとカバナがあります。

ビーチチェアは宿泊者であれば誰でも利用OK。
一方、カバナはロイヤルビーチクラブ宿泊者限定の設備。
予約制なので、利用したい場合はロイヤルビーチクラブ専用デスクで予約をすることになります。

ビーチへのアクセス

プールサイドから直接ビーチに行くことができます。
プールに飽きたら、子供と一緒に砂遊びもして楽しみました。

ウェスティン前のビーチはほとんど宿泊者なのでプライベートビーチ感ありです。

アクティビティ

ウェスティン前のビーチにはマリンアクティビティのカウンターがあります。

シュノーケルセット(マスク・ライフジャケット・フィン)が3時間$15。
カヤックやペダルボートは1時間$20~$35。

さらにダイビングやウミガメウォッチングの申し込みもできます。

プールバー(ミスティーズバー)

ウェスティンのプールサイドには「ミスティーズバー」があります。
営業時間は10:00~22:00。

ドリンクはソーダやジュースはもちろん、アルコールも揃っています。
我が家では必ずプールサイドでカラフルなカクテルを頼んじゃうんですよ。
南国リゾートを満喫するのに必須アイテムだと勝手に思っています。

フードももちろんあり。
ボリュームのあるハンバーガーやサンドイッチから、ポテトやチキンウィングといったスナックまで。
プールサイドでしっかりランチを楽しむこともできますし、小腹が減ったときのおやつ利用もOKです。

ミスティーズバーの利用方法などはこちらを参考にしてみてください。

ウェスティングアムのプールサイドでランチ「ミスティーズ ビーチバー」 (Misty’s Beach Bar)

おわりに

ウェスティンのプールはリゾートホテルにしては小さめ。
遊び盛りの子供には物足りないかもしれませんね。

でもビーチに直結していますし、お酒が楽しめるプールサイドバーもあり、大人のグループにはおすすめ。
まだスライダーが楽しめないくらい小さな子供連れのファミリーにもちょうどいいプールです。

ちなみにウェスティングアムの基本情報はこちらにまとめました。
気になる方は参考にしてみてください。

ウェスティンリゾート・グアムってこんなホテル!基本情報

スポンサーリンク

 - グアムのホテル

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/06/10

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い