200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

ウェスティンリゾートグアム・パーシャルオーシャンビュー宿泊体験記2018年9月

2018年9月、3歳の子供を連れた家族3人旅行でウェスティンリゾートグアムに宿泊してきました。
その時の体験記をまとめましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ウェスティンリゾートグアムの宿泊体験記

今回のグアム旅行は楽天トラベルで申し込みました。
楽天トラベルで航空券とホテルを一緒に申し込むと、空港ホテル間の送迎がついています。
なので空港から何の問題もなく、ホテルに到着。
楽天トラベルの送迎の方は日本語OKでした。

ロビー

初日のチェックインは夜中2時頃。
日本からグアムの航空券を安くしようと思うとこの時間なんですよね。

ロビーは落ち着いていて、高級感あり。
夜中なのですごく静かでした・・・。
日本からの深夜便なので私たち以外にもチェックインする日本の方がいらっしゃいました。

ロビー前の雰囲気はこんな感じ。

宿泊中、このロゴの前で写真撮影している人を何人も見ましたよ。
もちろん我が家も記念撮影しました~。

チェックインを自分で済ませて、鍵をもらって自分で部屋へ。
フロントにいたスタッフの方は英語オンリーでしたが(夜中だからかも)、「チェックインプリーズ」と言って予約表を見せればそれだけでチェックインできるので英語が苦手な方も大丈夫はなず。

エレベーター

エレベーターは全部で4台あるので「エレベーター全然来ないんだけど!!」なんてことはなかったです。
ちなみにこのエレベーター!!

ガラス張り!!
写真はエレベーターの中からの眺め。
高所恐怖症の人はきっと怖いですよね。

ガラス張りでキラキラなので4歳の息子はエレベーターが昇ったり降りたりするのをエレベーターホールでしばらく眺めてました。

エレベーターのボタン(宿泊部屋の階)は部屋のカードキーがないと押せませんのでご注意を。
カードキーをセンターにかざすとようやくボタンが押せます。
宿泊者とホテルのスタッフ以外は宿泊フロアに行けないということなので、セキュリティ面で安心なのかな。
ちょっと面倒だけど。

部屋の雰囲気

部屋はこんな感じ。
湿気も感じなかったし、キレイだし、さすがウェスティンです。
エアコンの効きもよかったです。
虫もいなかった。

そしてこれが噂のヘブンリーベッド。
今回ウェスティンを利用した理由のひとつ。
口コミで寝心地最高!という意見が多かったので体験したかったのです。

ちなみにエキストラベッドやベビーベッドももれなくヘブンリーベッドらしいのでご安心を。

結論から言います!
ヘブンリーベッド、最高の寝心地でした!
昼間ゴロゴロしているだけでもその寝心地の良さを実感できるし、夜はもちろん安眠できます。
(子供の寝相による妨害は各自の責任です・・・)

枕も贅沢にそれぞれ4つずつ用意されていて、自分好みの固さ、高さを選んで使うことができました。

ベッド横にはサービスのお水。
毎日補充してくれたので助かりました。

コーヒーセットも完備。
レンジはありません。
コーヒー・紅茶は無料ですが、エビアン(お水)は有料なので注意してください。
しかも1本$5と超高額!!
お水はベッド横の無料のだけ利用しました。

あと、紅茶が高級ブランドJINGのものが用意されていたのが嬉しかった~。
飲みきれない分はもらってきちゃいました。
コーヒーは宿泊中、メーカーがコロコロ変わっていたのであんまり気合い入れてないのかな。

トイレ・お風呂

洗面所とトイレはシンプルですが、綺麗に掃除されていました。
洗面台が広々としているので、2人並んで歯磨き・メイクもOKなのが良かったですね~。
でもトイレにウォシュレットがなくて残念。

バスタブ付きのシャワースペース。
シャワーカーテンもちゃんとキレイでした(黒カビの点々、ありませんでした!)。

シャワーだけのスペースもあり。

どちらも水圧は十分で、温度もしっかり温かくなりました。

バスタブ付きの方はハンドシャワーなのに対し、個室のシャワースペースは壁に固定されているタイプのシャワー。
ハンドシャワーの方が使いやすいので、ほとんどバスタブの方を利用しましたが、シャワーを浴びられる場所が2か所あるのはおすすめポイント!
海やプールから戻った後、同時にシャワーを浴びられるので便利です。
濡れた体で待っていると意外と寒かったりしますからね。

アメニティ

アメニティはしっかり揃ってました。

ボディウォッシュ・ボディローション・シャンプー・コンディショナー・石鹸は「ホワイトティーアロエ」のシリーズでとてもいい香り。
特にボディウォッシュはすごくいい香りでした。

使い心地もそれほど悪くないので、余程のこだわりがなければ持参する必要はないかな。

ちょっとお高いお部屋のロイヤルビーチクラブではブルガリのアメニティが揃えられているそうです。
お金に余裕があればグレードアップしたかった・・・。

宿泊中、用意されていたアメニティは次の通りです。

  • ボディウォッシュ
  • ボディーローション
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 石鹸
  • 歯ブラシセット
  • かみそりセット
  • 爪磨き
  • 綿棒
  • コットン
  • シャワーキャップ
  • サニタリーバッグ
  • ソーイングセット(初日)
  • 靴磨き(2日以降)
  • スリッパ
  • バスローブ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ハンドタオル
  • ドライヤー

クローゼットにはハンガーがたくさんあってよかったです。
もちろんセキュリティーボックス(金庫)も完備。
旅行中、貴重品はここに入れてお出かけしてました。

パーシャルオーシャンビューの景色

翌朝に見たバルコニーからの景色。
パーシャルオーシャンビュー(海が少し見える)の部屋でしたが12階だったので海がよく見えました。

低層階の場合はもっと見えにくくなると思います。

ちなみにオーシャンフロント以外の部屋はバルコニーは広くないです。
椅子を出して、海を眺めながらのんびりするには狭い・・・。
なので滞在中、バルコニーから海を眺めてのんびりしたい人はオーシャンフロントの部屋を選ぶといいと思います。
オーシャンフロントであればバルコニーに椅子・テーブルが完備されてます。

「テイスト」での朝食ビュッフェ

そして朝はウェスティンホテルのビュッフェレストラン「テイスト」で朝食ビュッフェ。
楽天トラベルの特典で朝食ビュッフェのチケットが1回分もらえたので、家族3人で無料で利用させていただきました。
チケットは2枚だったけど、3歳の息子は何も言われず利用OKでした。

朝食ビュッフェのレビューはこちら。

ウェスティングアムのビュッフェレストラン「テイスト」朝食レビュー (Taste)

プール

朝食の後はプールとビーチへ。

ウェスティンのプールはスライダーもなく、ちょっと小さめ。
プールバーがあるメインのプールと滝のあるサブプール、ジャグジーのみです。

プールの紹介はこちらに詳しくまとめたので参考にしてみてください。

ウェスティングアムのプール紹介!子連れで遊んできました!

レゴルーム

3時頃にはプールから部屋に戻り、息子が楽しみにしていたレゴルームへ。

かなり楽しかったようで、宿泊中、毎日通うことになりました。
宿泊者は無料で利用できるので、小さなお子様連れの方にはおすすめです。
意外と大人も夢中になってしまい時間があっという間に過ぎるので、予定がある方は要注意です。

利用方法などはこちらを参考にしてください。

ウェスティングアムホテルでレゴルーム体験!【子連れグアム】

売店・カフェ

レゴルームの手前にはショップがあり、お土産品とか飲み物、お菓子があったのでちょっとした買い物ならOK。
でもおにぎりとかサンドイッチは売っていないので、そういった食べ物が必要な場合はウェスティンホテルの向かいにあるABCストアに行く必要ありです。

サンドイッチや軽食であれば、ロビー横にあるカフェでも売ってました(おにぎりは無し)。

ここのカフェではスタバのコーヒーが楽しめます。
スタバ好きの方はぜひ。
氷の入ったアイスカフェラテ欲しさに我が家は何度か利用させてもらいました。
席を使うこともできるし、テイクアウトもOKです。

グアム「ミックス@茶々茶」について。場所やメニューなど (Mix@chachacha)

駐車場

3・4日目はレンタカーを借りて行動していたのでホテルの駐車場にもお世話になることに。
ホテルのフロントに向かって左側、地下駐車場があります。
誰でも無料で使えます。
ホテルの人に何も言わずに使ってOKです。

地下だからか、湿度がすごかった・・・。
ぬるいサウナみたい。
地下なので日差しがない分、停めている間の車内温度はマシなのかな。

今回はレンタカーで恋人岬・デデドの朝市・マイクロネシアモール・GPOを巡りました。

グアム定番の観光スポット恋人岬は意外と楽しいかも (Two Lovers Point) 行き方、見どころ、伝説について

自分たちがウェスティンホテルに滞在した間に利用したホテルの施設はこんな感じでした。
ウェスティンホテルには他にもイタリアンレストラン「プレゴ」や日本食レストラン「一心」があります。
また、マジックショーが楽しめる「マジックロックスシアター」が併設されてます。

ウェスティンクラブ(旧ロイヤルビーチクラブ)について

今回私たちが泊まった部屋は「パシャルオーシャンビュー」。
ウェスティンの中で一番リーズナブルなお部屋です。

でももうちょっとリッチな気分になりたい人には「ウェスティンクラブ(旧ロイヤルビーチクラブ)」がおすすめ。
ウェスティンクラブに属する部屋に宿泊すると様々な特典があります。

クラブラウンジが無料で利用できるので、朝食やカクテルタイムを楽しむことができます。
また、ビーチではカバナを利用することもできます(予約制)。

ウェスティンホテルを選んだグアム旅行の旅費

最初にも書きましたが、今回は楽天トラベルで航空券+ホテルのプランを申し込みました。

成田空港発、4泊5日で一人あたり¥90,700。
成田の出発は夜、グアムの出発は夕方でした。
ちょっと高いかな~と思いましたが、ランクの高いウェスティンに4泊したので、仕方なしですかね。
デデドの朝市に行きたかったので土日を含めた日程になっていたのも値段が高くなる要因だったとは思っています。

グアム旅行で少しランクの高いホテルに泊まる場合、HISやJTBより楽天トラベルの方が安くなることが多いのでおすすめです。
ちなみにこの時、HISやJTBで調べたらどちらも10万円オーバーでした。

おわりに

ウェスティンホテルで楽しんだ今回のグアム旅行。
ホテルの設備には不満なく、楽しく過ごせました!

ただ、ホテルの前が坂道なことだけがちょっと大変でした。
なのでおじいちゃんおばあちゃんが一緒とか、ベビーカー必須の赤ちゃん連れファミリーは坂を上る必要のないホテル(アウトリガーとか)がいいかもしれませんね。

グアムのホテルグレード一覧。旅行会社別の評価とランキング・ベスト10

 

スポンサーリンク

 - グアムのホテル

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/10/16

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い