200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアム旅行記。1歳児とのグアムでの過ごし方と反省点。次があったら改善したいこと。

 - キッズ・ベビー・子連れ特集

      2016/07/05

abc7

我が家では息子が1歳になってすぐ、1歳0か月の時にグアムに行ってきました。

もともと旅行もグアムも好きだったので、妊娠期間から約1年半(たった!?)旅行に行けなくて寂しかったです。
なので、1歳を記念して親の自己満ですがグアム旅行を果たしてきました。

3泊4日の短期間ツアー、しかもグアムプラザホテル宿泊の格安ツアー。

それでも楽しかったでのすが、思い返すと「ああすればよかった」「こうすればもっと楽しかったかも」と思ってしまうので
これから1歳の子供を連れてのグアムデビューを考えているファミリーの参考になればと思い、
グアムでの過ごし方と良かった点・反省点をまとめてみました。

スポンサーリンク

3泊4日のスケジュール

1日目:移動

夜飛行機

初日は夜便のため、移動のみです。

1歳児連れで夜便ってかわいそうじゃない!?という声も聞こえてきそうですが、
結果、夜の便でよかったと思っています。

それは飛行機の中ではずっと寝ていてくれたから。
大人は深夜に起きていなければならないのでツライですが、
飛行機の中でグズったり、泣かれたりするほうが精神的にも体力的にも疲れたんじゃないかと思っています。

今回は21:20成田発、1:55グアム着でした。
入国審査に時間がかかり、ホテルの部屋に着いたのは3:00頃。
グアムについて一度目を覚ましてしまった息子もベットに寝かせたらさすがにすぐ寝てくれました。

【参考】1歳児と行く深夜便でのグアム旅行。子供への負担・周りへの配慮など体験して思ったこと。

2日目:イパオビーチとマイクロネシアモール

【朝食(アジアンビストロ ジャ)】

asai

7:00過ぎに息子が目を覚ましたので、ホテルのロビー階にあるレストラン「アジアンビストロ ジャ」で朝食をとりました。
ホテルに入っているレストランであれば、移動時間もかからないし、部屋にもすぐ戻れるのでおすすめです。

どのホテルでもレストランは入っていますので朝食には活用することをおすすめします。
移動時間が必要ないというのは1歳児連れではかなり重要ポイントだと思いますので。

大人がアサイーボウルとパンケーキと飲み物を注文してから、息子には持参したベビーフードを食べさせました。
息子の食事はこの後もレストランでベビーフードを食べさせることがありましたが、どこも注意されることなく、逆に気にかけてくれました。

食事前はスコールが降っていたのですが、食後にはすっかりあがっていたのでタモンビーチを散歩してみることに。

【タモンビーチを散歩】

baby1

ザ・プラザの横の坂を下り、タモンビーチへ。
初めてみる海に興奮している息子。

すごく遊びたそうでしたが、何の準備もしていなかったので一度部屋に戻ることに。

朝食後、すぐに部屋に戻って準備万端にしてから行けば良かったと後悔・・・。

【イパオビーチで遊ぶ】

ypaobeach2

部屋に戻った時に少しお昼寝するかなと思ったのですが、海を見て興奮してしまったのか寝る気配なく。
せっかく起きているならと、準備してイパオビーチに向かいました。
移動のバス~イパオビーチ到着までぐっすり寝てましたが。

タモンビーチよりも水の透明度が高くて、静かなイパオビーチの方が好きなので
イパオビーチを選びましたが、これは反省点でした。

1歳の子供がシュノーケリングできるわけでもなく、波打ち際で遊ぶだけなので正直タモンビーチで十分でした。
移動時間もかかるし、ホテルの部屋に戻りたくてもすぐには戻れないし。
しかもホテルに戻る方向のバスの停留所が遠い・・・。

そんな大人の反省点とは裏腹に初めての海に興味深々の息子はズボンをびしょ濡れにして遊んでいました。
すごく楽しそうなんですが、グアムの日差しは強いので1時間程度で切り上げることに。
あまり長時間遊んでしまうと1歳児には負担になりかねませんからね。

大人だけなら3~4時間余裕で遊んでいるんですが、1歳児と一緒となるとそうもいきません。
短時間しか遊べないので、なおさらホテル近くのビーチで十分でした。

海から一度ホテルに戻って、シャワーを浴びたり休憩したり。
そこでお昼寝すればいいと思っていたのですが、ここでも興奮気味の息子は寝ず・・・。

起きているならとマイクロネシアモールに向かいましたが、ここでもバスの中で熟睡の息子。
バスの揺れがちょうどいいんでしょうかね。

【マイクロネシアモールでランチとショッピング】

dennys_micro

 

この日のランチはマイクロネシアモールの「デニーズ」を利用しました。
ファミレスというだけあって、子供がいてもあまり気を使わなくていい雰囲気です。

ここでも息子にはベビーフードを食べさせました。
さすがに1歳0か月でキッズメニューは無理そうでした。

マイクロネシアモールの中にはフードコートもあるので、子供連れならフードコートが気兼ねなくていいかもしれませんね。
ただデニーズのソファ席はゆっくりできるのでおすすめです。

その後ぶらぶらとショッピングをしながらマイクロネシアモール内を散策。
冷房が効いているので長袖は必須です。
息子も涼しい店内をちょこまか歩いていました。
また、マイクロネシアモールの中央にあるピタゴラスイッチ的なオブジェに心奪われて見入っていました。
(他にも小さな子供が群がっていたので、子供にとって(大人にとっても)すごく楽しいようです)

息子の昼寝中はカフェでのんびりしたりと、ゆっくり過ごしました。

【フライデーズでディナー】

tgi7

マイクロネシアモールから戻った後、ホテルで一度休憩してからディナーへ。
ここでもホテルから近いという理由で「フライデーズ」を選択。

キッズメニューはハンバーガーやパスタで、もう少しお兄ちゃんになってからという感じ。
息子が1歳10か月になった今なら注文してあげたいです。
なのでここでも息子はベビーフード。

ここでの反省点はディナーの時間がいつもより1時間半程度遅れてしまったこと。
食事後半には息子が眠さでぐずりだしてしまい、ゆっくりできませんでした。
ディナーの時間が遅れてしまいそうなときは思い切って部屋で食べる方がいいかもしれません。

ディナー後はもちろん、部屋に戻って就寝です。
大人だけならこの後もまだまだ楽しめますが。

3日目:Kマートとタモンビーチ

【部屋で朝食】

spam1

昨日の疲れが出たのかなかなか起きない息子。
8:00を過ぎても起きないので、ホテルのロビー階にあるコンビニでスパムおにぎりなどを購入。
今日の朝ごはんは部屋で軽く食べることに。

部屋での食事は誰に気兼ねすることなく食べられるので意外とオススメ。
オーシャンビューのホテルならなおさらおすすめです。

【Kマートでお土産探し】

画像はhttp://google.co.jp/maps/より

画像はhttp://google.co.jp/maps/より

午前中にKマートでお土産探しをしました。
Kマートにはベビーグッズやおもちゃもたくさんあるので、おすすめです。
チョコレートなどのお土産もタモンの中心地で買うよりは少し安いですよ。

【ジャングルジャバカフェでランチ】

junglejava

午前中で買い物を終了し、ホテルに戻りました。
授乳や休憩という感じでゆっくりしてから、準備万端でタモンビーチへ。

ビーチに行く前に「ジャングルジャバカフェ」でランチ。
お店の外にテーブルとイスがあって、セルフで利用できるので1歳児と一緒でも気軽に利用できます。

大人はラップサンドやホットドッグを、息子にはほうれん草のキッシュを。
ここで初めてベビーフードじゃないものをあげました。

【タモンビーチで遊ぶ】

oyako

ランチを済ませたらそのままタモンビーチへ。

昨日のイパオビーチで海に慣れた息子はさっさと海に向かって行って遊び始めました。
持参したバケツに砂を詰めたりして楽しそうでした。
お砂場セットはおすすめですよ。

やっぱりタモンビーチの方が砂浜が広く、1歳児連れにはオススメです。

ここでもビーチ遊びは1時間くらいで切り上げました。
やっぱりグアムの日差しは体にこたえますからね。

ビーチ遊びを楽しんだ後はABCストアでおやつを購入してホテルの部屋へ。
ABCストアでバナナが売ってるので子供のおやつにおすすめです。

この日はこのまま夕方までゆっくり部屋で過ごしました。
息子の昼寝もばっちり。

【タモンを散策】

the_plaza2

息子がお昼寝から起きてからはタモンを散策してみることに。
夕方になり日差しも弱まってきていたので、歩きやすくて良かったです。

そしてここで反省点。
おやつのせいで全然おなかが空かない!
でもそろそろ息子の夕飯の時間。
ここでおやつをあげて、夕飯を先延ばしにすると絶対レストランで眠くてぐずってしまう・・・。

そこで最後の夜にも関わらず、部屋で夕飯を食べることに。

【マクドナルドで夕飯】

mc1

まったくおなかがすかない親はさておき、息子には部屋で夕飯をあげました。
そしてそのあと、ホテルに隣接するJPスーパーストア入口にあるマクドナルドでテイクアウト。

日本にないメニューも豊富なので意外とおすすめですよ。
特に日本に入ってきてないBIGサイズのバーガー系(たぶん期間限定商品)はおすすめです。
グアムで何度かマクドナルドのBIGサイズのバーガーを頼んでいますが、毎回美味しいです。

4日目:帰国

millage_guam0

4日目は帰国するのみ。

朝6:55のフライトのため、4:00くらいに部屋を出ました。
1歳児連れにこれはお勧めできないフライト。

部屋を出るとき、そっと抱っこして息子を連れていきました。
有り難いことに空港までずっと寝ていてくれたのですが、さすがにフライト前には起床。

帰りの飛行機は絵本やおもちゃであやしながらの4時間弱。
途中、お昼寝をしてくれたのだけでもありがたいですが、
結局飛行機の中で起きているのだから、もっと時間にゆとりのあるお昼発にすればよかったと思いました。

ただし朝早い便のおかげか、席がかなり空いていて、他の席も使わせてもらえたので助かりました。
もしかしたらお昼の便などはもっと混雑するのかもしれませんね。

グアム旅行を振り返って・・・

長々と旅行記を書いてしまいましたが、
1歳児を連れた初めてのグアム旅行を通して、良かったこと・反省点をまとめておきます。

これからグアムに行くパパママは参考にしてみてください。

良かった点・オススメな点

  • 飛行機の夜便・深夜便は子供が寝てくれる可能性が高いのでおすすめ
  • 朝食はホテルにあるレストランを利用すると楽
  • レストランでベビーフードを食べさせても大丈夫
  • ショッピングモールは涼しく、グアムの日差しを避けられるので1歳児連れにはありがたい
  • ショッピングモールに入っている本屋さん・おもちゃ屋さんは子供のお土産ポイントとしておすすめ
  • ビーチではお砂場セットがあると子供がより楽しめそう
  • 街歩きは日差しが弱まった夕方がおすすめ

反省点

  • ビーチはホテルから一番近いビーチだけで十分(プライベートビーチも不要だと思います)
  • ビーチに行く時は必ず準備万端で(大人のようにちょっと散歩して戻るというわけにはいかず、子供は遊びたがります)
  • ディナーの時間はできるだけいつも通りに(遅くなると睡魔から子供がぐずる可能性大!)
  • 子供の食事時間(特に夜)に合わせるには間食は控えめに。
  • 帰国の便はアップグレードしてでも昼間の時間帯にする。

おわりに

1歳児を連れてのグアム旅行は、これまで大人だけで楽しんできたグアムの楽しみ方とは全く異なるものでした。
それでも海ではしゃぐ子供の姿が見られたし、グアム旅行を実行してよかったと思っています。

みなさんもぜひ楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク
もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い