200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

1歳児と行くグアム旅行。ミルクの調達や調乳、持参するか?について。

babysmilk1

離乳食も始まったけど、まだミルクも飲んでいる。
そんな状況での海外旅行は、ちゃんとミルクを作ることができるか心配です。

グアムに旅行に行く場合のミルク事情についてまとめました。

スポンサーリンク

ミルクは現地で買える!

ミルクはちゃんと、現地調達できます!

日本からミルクを全く持たずに旅行に行く人はいないと思いますが、
極力荷物を減らしたいから、1日分だけ持って、あとは現地で調達なんてのもあり。

グアムではKマートやマイクロネシアモールにあるペイレススーパーマーケットなど
大きめのスーパーなら販売しています。

ただ普段飲みなれていないミルクでおなかの調子を崩すことも考えられるので、
荷物になりますが、できれば飲みなれたいつものミルクを持っていくことをおすすめします。

調乳用の水も現地調達できる!

ミルクを作るときに使う水。
日本から持っていってもいいと思いますが、さすがにちょっと重いですよね。
持参するのは1日分にして、他は現地調達でもいいと思います。

ただし日本と違ってグアムの水道水は飲用するのに適していないので、
ミルクを作るときには使わないようにしましょう。

調乳用の水は大きめのスーパー(Kマートやペイレススーパーマーケット)で売っています。
ミネラルウォーターは調乳に向かないので、
「Purified Water」とかかれている水を選ぶようにしてください。
だいたいミルクやベビーフードを売っているコーナーにあることが多いです。

調乳用のお湯について

ミルクを作る際にはお湯が必要になりますが、
ホテルの部屋にあるケトルで調乳用の水を温める人がほとんど。

ホテルでミルクをあげる場合はケトルがあるので問題ありません。
※一度水を沸かして、お湯を捨ててから使うほうが安心かもしれません。

また、出かけるときにはホテルでお湯を作り、魔法瓶の水筒に入れて持っていくことをおすすめします。
グアムのベビールームは日本と異なり、お湯や電子レンジはほとんどありません。
出かけ先でミルクが必要になりそうな場合はホテルで準備して持って出かけましょう。

おわりに

子供も1歳になれば離乳食に慣れてきて、
ミルクの回数が減ってきている場合が多いと思います。

ただ、慣れない環境でミルクを作るのは確かに心配。

そんな時、グアムには日本語を話せるスタッフも多くいますから、
いざという場面では日本語で頼るなども可能です。

あまり心配しすぎずに旅行を楽しめるといいですね。

スポンサーリンク

 - 子連れグアム

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/07/29

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い