200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートってこんなホテル!基本情報と口コミまとめ

グアム一番の繁華街、タモンの中心に立つアウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート。
ビーチ、ショッピング、グルメどれをとっても抜群の立地で、アクティブにグアムを楽しみたいと思っている人にはとても便利なホテルだと言えるでしょう。

そんなアウトリガーホテルの情報を以下にまとめましたので参考にしてみてください。

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートの確認しておきたい基本情報

まずはグアムでの宿泊ホテルを選ぶ際に気になるポイントを確認しておきましょう。

チェックポイント 備考
グレード Aランク JTB:A、HIS:☆4、エアトリ:☆4
プール 小型スライダープールあり
レストラン 併設レストランおよび、ザ・プラザなど周辺に多数あり
朝食ビュッフェ
立地
ホテル前にビーチ
オーシャンビュー
WiFi
ファミリールーム
スイートルーム
バルコニーでの喫煙

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートの場所・立地


アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートはタモンビーチの目の前に位置しています。
ここを中心にショッピング街やレストランなどが立ち並んでいるため、何をするにも困ることのない立地と言えるでしょう。

特に初めてのグアムならアウトリガーに泊まっておけば間違いなし、といった感じですね。

ビーチへのアクセスは抜群

ホテルに併設するプールを抜ければもう目の前にタモンビーチがあります。
なのでビーチへのアクセスはホテルから0分という立地。

タモンビーチはグアムで一番賑わうビーチなので、観光地に来たという感覚を味わうのには最高の場所でしょう。
バナナボートやカヤックなどのアクティビティを気軽に楽しむのにも適しています。

逆に、人のいない静かなビーチでのんびりと過ごしたい人にはやや残念に思う部分があるかもしれません。
アウトリガーホテル前の海にはレンタル遊具のボートなどが浮いているので景観を気にする人にも不向きと言えますね。

それでも日本の多くのビーチよりは圧倒的に透明度が高く、晴れている時には魚が泳いでいるのを見ることも可能です。

ちなみに併設するプールには温かいジャグジーがあるので、たっぷり海で遊んだあとには体を温め、リラックスしてから部屋に戻ることが出来るのも嬉しいところ。

また、ビーチに遊びに行くときはプールサイドでタオルを借りることもできるのでとても便利です。

ショッピングモールにも直結

shopping

アウトリガーホテルはセレクトショップなどが入るザ・プラザというショッピンモールと直結しています。

ザ・プラザ ショッピングセンター(The Plaza Shopping Center)

厳密にはホテル低層階にザ・プラザが位置しているような状態なので、ちょっとした時間に買い物を楽しむことも可能。
もしあなたがのんびり旅行派で、ホテルから離れることなくグアムを満喫したいと思ったとしても、アウトリガーホテルならほぼそれが叶えられる感じですね。

また、ザ・プラザにはコンビニエンスストアのABCストアも併設されていますので、何かちょっとしたものが必要になった時にもすぐに買いに行けるなど便利。

さらにはホテルの向かい側に、ブランド品やコスメが充実したTギャラリア(旧DFS)やお土産探しにピッタリのJPスーパーストアもあり、どちらもホテルから徒歩数分です。

グアムのタモンでお土産買うならJPスーパーストアを要チェック! (JP Super Store)

気軽にいつでもショッピングが楽しめます。

レストランにも困らない

アウトリガーホテルなら、ホテルの中にも周辺にもたくさんのレストランがあります。
「どんなジャンルのレストランでもある」というのが大げさではない感じなので、食事選びには全く困りません。

近くのレストランであればテイクアウトで部屋に持ち帰ってもまだ料理が温かい状態。
レストランには連れて行けないような小さいお子様が一緒のファミリーにとっては特にありがたい立地と言えますよね。

ホテルを代表するレストラン「パーム・カフェ」では朝食~夕食まで、アラカルト・ビュッフェいずれも楽しむことが可能。

アウトリガーグアムのビュッフェレストラン「パームカフェ」 (Palm Cafe)

フロントロビー前にあるバンブー・バーでは毎晩生演奏が聴けるなど、リゾート感を味わうのに適しています。

アウトリガーグアムのロビーにあるバンブーバー (Bambu Bar)

また、軽食が楽しめる「ザ・グラインド」は24時間営業なので、遅い便で到着した日や早朝での帰国時にも重宝します。

アウトリガーグアムの24時間営業カフェ「ザ・グラインド」 (The Grind)

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートの設備・備品

次にアウトリガーホテルの部屋やプールなどの設備を見ていきましょう。

スタンダードルームの室内

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートのスタンダードルームです。
特別に広いということはありませんが、スーツケースを2つ広げても問題ない程度に十分な広さ。

写真はツインベッドですが、キングサイズベッドがひとつという部屋もあります。
いずれもベッドは広く、旅行の拠点としては快適に過ごせるお部屋と言えるでしょう。

またベビーベッドやベッドガードを無料で借りることもできますので、まだまだ寝相の悪いキッズが一緒の場合はレンタルすると安心ですね。

部屋には冷蔵庫、コーヒーメーカー、電気ケトルが備えてありました。
ミネラルウォーターも毎日新しいものがもらえるので助かります。

電子レンジは備え付けがないので、赤ちゃんの離乳食を温めたい場合などは湯せんに頼ることになりますね。

アメニティ

アメニティの一覧は以下のとおり。

  • 石鹸
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • ボディローション
  • 歯ブラシセット
  • カミソリセット
  • シャワーキャップ
  • 綿棒とコットン
  • バスソルト(ボエジャーズクラブのみ)
  • スリッパ
  • バスローブ

シャンプーなどはナヴァサナスパで販売されているオリジナルのものが用意されていました。

ただしこのシャンプーの泡立ちはそれほど良くないのが残念ポイント。
コンディナショーは髪がサラサラになるのでおすすめです。

余程のこだわりがなければシャンプー・コンディショナー・ボディソープは持参しなくてよいでしょう。

シャワールーム

バスタブの上にハンドシャワーがあるタイプのシャワールーム。
固定式のシャワーも設置されていましたが、ハンドシャワーの方が便利ですよね。

どうしてもホテル自体が古いためか、各部に経年感があるのは仕方ないところでしょうか。(清潔には保たれています)

洗面所にはドライヤーも完備されていますので安心です。

セキュリティ

部屋の鍵はカードキーが採用されています。

カードキーは複数枚渡してもらえるので、外出の際に1枚は電気のスイッチに挿したままにしておくことが可能。
そうすることでエアコンを動かしておくことが出来るので、ちょっとした外出時にはありがたいですね。

また室内にはセーフティボックス(金庫)がありますので、貴重品はこれを利用するようにしましょう。

WiFi(インターネット)

WiFi

アウトリガーホテルでは宿泊者ならホテル内のどこからでも無料のWiFiにアクセスできます。
パスワードはフロントで教えてもらえるのでチェックインの時に確認し、設定しておくとスムーズですね。

また宿泊者でなくともフロントロビー付近ではパブリックなWiFiが開放されています。

ホテル併設のプール

ホテルとビーチを繋ぐ中庭には宿泊者専用のプールが備えられています。

プール自体はそれほど大きくありませんが、小型のスライダーもあり十分楽しめるプールと言えるでしょう。
キッズ用のプールもあるので、小さなお子様が一緒でも安心です。

ちなみにプールを利用できる時間は7:00-20:00まで。
朝早くから使用できるのはうれしいですよね。

また、ホテルのチェックイン時に渡されるプールカードを提示することで、無料のタオル貸出もあるのでぜひ利用したいところ。

アウトリガーホテルのプールの詳細につきましてはこちらの体験記も参考にしてみてください。

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートのプール体験記!小さなスライダーがオススメのリゾートプール!

コインランドリー

ロビーの1階下、プールの階にコインランドリーがありました。

グアムのコインランドリーは25セント硬貨専用なことが多いです。
アウトリガーではランドリールームに両替機があるので、わざわざフロントまで行く必要がなくて助かります。

洗濯機・乾燥機どちらも$2で使用できます。
洗剤もランドリールームで販売しています

追記

2017年9月に訪れたときにはランドリールームが新しくなっていました。
すべてドラム式の最新型になっていた代わりに、洗濯機・乾燥機ともに利用料金が$5に改訂され、他のホテルに比べて高くなってしまいました。

ただし、洗濯機の利用料金は洗剤込みの値段です。
洗剤を購入したり、持参する必要はなくなったのでちょっと楽になったと考えるのが良いのかもしれませんね。

また、支払いはクレジットカードのみとなりました。
小銭の用意が必要なくなったのも嬉しいところ。

フィットネス

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートでは宿泊者が無料で使えるフィットネスルームがあります。
入口はロックされていますが部屋のカードキーで入退室ができましたので、自由に使ってOK。

場所はプール階の出入り口付近にあり、目立たないためかあまり利用者を見かけることはありません。
(というか日本人はあまり海外旅行時にトレーニングってしないですよね。)

日本人宿泊者の多いアウトリガーならではの光景でしょうか。
そういう意味ではほぼ貸し切りで使用できるありがたい施設と言えそうです。

ファミリールーム

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートでは17階にHIS専用フロアがあり、別料金がかかってしまいますが土足厳禁の「ハイハイルーム」に指定することが可能。
これならハイハイ時期の赤ちゃんが一緒でも安心して過ごすことが出来ますよね。

また、数は少ないもののコネクティングルームの指定もできるため、グループや3世代での家族旅行で便利に使える可能性も。

キッズクラブ

宿泊する5~12歳の子供向けにキッズクラブもありました。
半日または一日の参加で子供たちにチャモロ文化が学べる様々なアクティビティを体験させてくれる施設です。

費用は子供一人当たり半日で$35、一日だと$65となっています。
※半日の場合は軽食、一日の場合は軽食と昼食付き
※24時間前までの予約制

ボエジャーズクラブ

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートにはワンランク上のサービスが受けられるボエジャーズクラブという部屋が設定されています。
ボエジャーズクラブに宿泊してきた時の体験記はこちらよりご確認ください。

泊まって良かった!アウトリガーグアムのボエジャーズクラブ宿泊体験記!

アウトリガーホテルのエステ「ナヴァサナスパ」

アウトリガーホテルには妊婦さんでも利用できるエステ「ナヴァサナスパ」が併設されています。

グアムにも街中のエステ施設は多数ありますが、ホテルに併設されているエステなら安心して高いクオリティの施術を受けられますよね。
旅行中のリフレッシュにぜひ利用したいところです。

妊婦さんもOKなナヴァサナスパがアウトリガーにできました!

駐車場

アウトリガーホテルには無料の駐車場がありますので、レンタカーを借りる場合も安心です。

その他のサービスなどチェック事項

その他気になる事項は以下。

日本語が通じやすい

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートには日本人スタッフおよび日本語が話せる現地スタッフが常駐しています。

また、グアムのその他ホテルに比べて日本人の宿泊者が多い印象もあります。
実際に最近急増している韓国のツーリストはあまりアウトリガーを選ばないという話も聞きました。

そのため英語が苦手な方でも安心して宿泊できるホテルだと言えるのではないでしょうか。

送迎

アウトリガーホテルでは有料でホテルと空港間の送迎を行っています。
※片道1人$10(12歳以下$5、5歳以下無料)

人数によってはタクシーよりも安くなるため、パックツアーで送迎がついていない場合にはこれを利用すると良いでしょう。

ちなみにタクシーだと$24が目安です。

アウトリガーの喫煙事情、タバコの吸える場所

タバコ

アウトリガーホテルに限らずですが、グアム島ではホテルの館内・室内は禁煙です。
そのため部屋でたばこを吸うことはできません。

ですが、バルコニー(ラナイ)では喫煙が可能ですので、愛煙家の方はバルコニーで吸うようにしましょう。
バルコニーがないホテルだとホテルの正面玄関までいかなければ吸えなかったりするので、何気にありがたいですよね。

アウトリガーホテルのオーシャンビューについて

せっかくのグアム旅行なら、綺麗なビーチを望める部屋に宿泊したいと思いますよね。
アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートは「全室オーシャンビュー」を謳っていますが、実際にはオーシャンビュールームとオーシャンフロントルームが存在しています。

全室オーシャンビューの罠!オーシャンフロントとオーシャンビューの違い

オーシャンフロントの部屋からだと景観はこのとおり抜群なのですが、ホテルが海に対して縦向きに建っているためオーシャンフロントの部屋は少なめです。

オーシャンビュールームだと見えるビーチは本当に一部のみ。
またベランダも小さめなので「海が見えるのはオマケ」程度に考えた方が良いかもしれません。

特に低層オーシャンビューの場合はほとんど見えない可能性もある点に注意。

部屋からの眺めを気にするのであればオーシャンフロントの部屋を指定するのが良いでしょう。

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートのおすすめポイント、NGポイントまとめ(おさらい)

最後に、アウトリガーホテルのおすすめポイント、NGポイントを一覧にまとめてみました。

アウトリガーホテルのおすすめポイント!

マル

  1. 一番の魅力は抜群の立地!
  2. 初めてのグアム旅行にも安心。
  3. 赤ちゃん連れ、シニアにも過ごしやすい。

とにかくアウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートの利点は立地と安心感に尽きると思います。

タモンの中心地であるため、本当に何をするにも困りませんし、「ホテルに戻るのに急な階段を上らなければならない・・・」というようなこともありません。
特に赤ちゃん連れでベビーカーを押す必要があるようなファミリーや、高齢の方が一緒の場合には簡単にホテルへ帰れるというのは非常に助かるポイントでしょう。

また日本語が通じる可能性が高かったり、多くの日本人が宿泊しているという点は安心ですよね。
そういった意味では初めてのグアム旅行におすすめできるホテルだと言えます。

アウトリガーがNGなのはこんな人!

バツ

  1. 観光地の喧騒から離れたい人には不向き
  2. プールをがっつり楽しみたい人には物足りないかも

タモンの中心地であるということは、良い意味にも悪い意味にも「賑やか」です。
ホテルのフロントには朝から晩まで人が溢れていますし、人がいるということはそれだけ発される音も多いということ。

グアム旅行に「リゾート」を求めて、本当にのんびり過ごしたいと思っている人には満足できない部分があるかもしれません。

また、グアムでは大型プールを備えた宿泊施設が存在しており、そういったプールでしっかり楽しみたいと思っていた人にしてみたらアウトリガーホテルのプールは小さめです。
もちろんグアムにおいては上位グレードに位置付けているホテルですのでそれなりの規模があるプライベートプールではあるのですが、プールメインで宿泊したい人にはオススメできないでしょう。

おわりに

とにかく立地の良いアウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート。
グアムをアクティブに楽しもうと思っている人にはピッタリのホテルです。

ちなみにアウトリガーホテルを指定するなら楽天トラベルのパックツアーが比較的安いのでおすすめです。

あなたにオススメのもう1記事

グアム旅行に利用できる楽天トラベルって何?HISやJTBと何が違うの?

グアムのホテルグレード一覧。旅行会社別の評価とランキング・ベスト10

スポンサーリンク

 - グアムのホテル

      2019/06/03

  関連記事

デュシタニグアムのプールサイドバー「タシ・グリル」 (Tasi Grill)

5つ星ホテルのデュシタニグアムリゾートのビーチサイドにあるオープンエアなレストラ …

グアムロッテホテルのラウンジバー「ザ・ラウンジ&デリ」 (The Lounge & Deli)

「ロッテホテル」のラウンジにあるカフェ。 コーヒーや軽食、カクテルなどが楽しめま …

ハイアットリージェンシーグアムってこんなホテル!基本情報まとめ

デュシタニグアムが出来るまで、グアムの高級ホテルの代名詞となっていたハイアット・ …

ヒルトングアムのビュッフェ「アイランダーテラス」について (Islander Terrace)

ビュッフェスタイルのレストラン。 朝食・ランチ・ディナーどの時間もビュッフェスタ …

シェラトンのプールサイドバー「サーファーズポイント」について

シェラトンホテルのプールサイドにあるサーファーズポイント。 水着のままで利用でき …

VOYAGER 47 CLUB LOUNGEの朝食体験記。アウトリガーグアムのボエジャーズクラブ

アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートの上層階にあるちょっと贅沢な部屋、ボエジャ …

ホテル・ニッコー・グアムってこんなホテル!基本情報と口コミまとめ

タモンのホテルロードの一番北、ガンビーチに面して建つホテルニッコーグアム。 ウェ …

元「5つ星」のエコノミーホテル。グアムのヴェローナリゾート&スパの基本情報について

格安ツアーで利用されることのあるヴェローナリゾート&スパ。 タモンの中心地から少 …

ウェスティングアムホテルでレゴルーム体験!【子連れグアム】

タモンの中心に位置するウェスティンホテル。 ちょっとリッチな落ち着いた雰囲気のホ …

グランド・プラザ・ホテルの設備、基本情報について

日本人に人気のグアム。 フライト時間が3~4時間ととても近く、気軽に行ける南の島 …

         

  こんな記事も読まれてます

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い