200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

どれにする?2018年版グアムのガイドブック比較

最新のグアムガイドブックが続々と発売されています。
写真の4冊のガイドブックが本屋さんでよく見かけるものじゃないでしょうか。

この4冊について見比べてみました。

大学生・ファミリーにおすすめ「まっぷる」「るるぶ」

旅行ガイドブックの定番「まっぷる」と「るるぶ」。

アクティブにグアムを楽しむことができる学生さんや、小さな子供と一緒ファミリーであれば「まっぷる」「るるぶ」がおすすめ。

なんといっても本を開くと思わずテンションが上がってしまうような賑やかな見た目。
グアムへのワクワクが高まること間違いなしです。

そして今回比較したガイドブックの中でアクティビティの紹介が多いのが「まっぷる」と「るるぶ」。

学生旅行であれば海で遊んでツアーに参加してショッピングをして・・・といろいろ楽しみたいのではないでしょうか。
高級ホテルでのんびりと、というのはきっとまだ先の話ですよね。
なのでアクティビティに関する情報が多い「まっぷる」「るるぶ」がおすすめです。

さらにファミリーにおすすめな理由は子供連れ向けの情報がまとまっていること。
「まっぷる」「るるぶ」どちらも”ファミリーお役立ちガイド”として取り外し可能な付録が付いています。
キッズメニューがあるレストランの紹介だったり、子供と一緒に楽しめるアクティビティがまとめられていたり、とても便利。
子供が熱を出してしまった、など万が一の時の対応についてもまとめてくれているので安心です。

ここまでの比較だと「まっぷる」と「るるぶ」はどちらでもいい感じがしますよね。
実際、この2冊は作りも本の雰囲気もとても似ています。
なので正直なところどちらでも好みのガイドブックでいいと思います。

ただし2018年版のグアムガイドブックでは「まっぷる」の方が情報量が多かったです。
例えばレストランでは「まっぷる118件」に対して「るるぶ84件」。
ショッピングでは「まっぷる80件」に対して「るるぶ68件」。

また「まっぷる」が右に開いていくページ構成に対して「るるぶ」は左。
多くの本や雑誌が右開きなので「るるぶ」はちょっと見にくいと感じる方がいるかもしれません。

ということで2018年版グアムガイドブック、学生さんやファミリーにおすすめなのは「まっぷる」と「るるぶ」の両誌と言えます。

カップルにおすすめ「グアム本」

個人的に一番見やすくて情報量もそこそこ多いと思えるのが「グアム本」。

「まっぷる」「るるぶ」も同じですが、テーマごとに情報がまとまっています。
アクティビティであればプライベートビーチについてまとめていてくれたり、レストランであればパンケーキでまとめてあったり。

グアムで何を楽しみたいかが想像しやすく、比較しやすいです。
ただしキッズ情報は特にまとめられていないのでファミリーには少し不向き。

そしてレストランの紹介もカジュアルすぎないお店が多く掲載されている感じです。
またラグジュアリーなホテルについての情報が他の雑誌よりも濃いです。
なので学生さんよりは社会人カップルや大人カップルにおすすめ。

リピーターにおすすめ「トリコガイド」

そしてリピーターにおすすめなのが「トリコガイド」。
というか初心者向きではないグアムのガイドブックと言った方が近いかもしれません。

多くのガイドブックがテーマごとに情報をまとめているのに対し、「トリコガイド」は地域ごとにまとめています。
グアムリピーターであれば地名から場所の想像がつくかもしれませんが、初めての人にはちょっと使いにくいですね。

情報量も最も少なく、ショッピングに関して言うと「まっぷる」の半分程度の掲載件数です。
ただしレストランなどは他のガイドブックに載っていないローカルに人気なお店も掲載されています。

リピーターの方ならガイドブックなんてもう要らないよという場合も多いと思いますが、あえて一冊買うのなら「トリコガイド」がおすすめです。

ガイドブックのサイズにご注意!

最近のガイドブックは小さいサイズが増えました。
カバンに入るミニサイズは特に女性からの支持が高いみたいですね。

ちなみに写真の中で一番大きい「トリコガイド」。
これが従来の大きさ(約21cm×約26cm)です。

「るるぶ」と「グアム本」はもちろん従来の大きさも販売されていますが、一回り小さいサイズが販売されています。
「るるぶ」ではちいサイズ、「グアム本」ではminiと表記されています。
サイズは約18cm×約22cm。
個人的には一番ちょうどいいサイズです。

「まっぷる」のminiはさらに小さく約15cm×約18cm。
これだとちょっと小さすぎる気がするので「まっぷる」を買うのであれば従来の大きさがいいかもしれません。

おわりに

ガイドブックを買うときってワクワクしますよね。

でも人気のグアムはガイドブックの種類も豊富。
この他にも「地球の歩き方」「ことりっぷ」「aruco」「ララチッタ」などまだまだあります。

どれを買ったらいいのか悩んでしまったとき、今回の比較が参考になれば幸いです。

あなたにオススメのもう1記事

グアムの情報が得られる、るるぶみたいな雑誌・ガイドブックまとめ

スポンサーリンク

 - グアム旅行の準備

      2020/03/19

  関連記事

はじめてのグアム旅行に持って行く持ち物一覧・チェックリスト

待ちにまったグアム旅行! いざ出発・・・と思ったら、空港で「あ!あれがない!」、 …

グアムの海は綺麗?加工していないタモンビーチの写真がこちら

旅行のガイドブックなどであまりに青々とした美しい海を見ると 「・・・写真を加工し …

グアム旅行ではクレジットカードか現金か?使えるお店や種類、注意事項などのまとめ

グアム旅行においてはクレジットカードを使った方がいいのか、 それとも現金を持ち歩 …

グアム旅行に必要なパスポートの有効期限について

グアムへの旅行が決まったけど、 パスポートの期限大丈夫だったかな・・・。 早めに …

グアムで帽子や長袖は必要?その他旅行に持っていくべき服装・ファッションについて

グアムは南国とはいえ、夜はどうなんだろう?長袖は必要?帽子は持って行った方がいい …

日本にいるぐらい安全?グアムの治安について

毎年、多くの日本人が観光・バカンスに行くグアム。 日本から3~4時間と近いことも …

グアムのチップ。必要な場所,相場,渡し方,タイミングなど。

日本では馴染みの薄い「チップを渡す」という文化ですが、 アメリカ領であるグアムに …

グアムの国名や場所、大きさや歴史について

日本人にとって一番馴染みのある外国といえるグアム。 「グアムにはよく行っているけ …

グアムで日本語は通じる?英語の成績が「2」だった私のケース

よくグアムの情報を見ていると 「ほとんど日本みたいなもんだから英語があまり話せな …

グアムからの出発/出国、日本に帰る時の流れまとめ

楽しかったグアム旅行も、必ず終わりは来ます。 帰る時に行う手続き等はとても簡単で …

         

  こんな記事も読まれてます

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い