200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムのイパオビーチがシュノーケリングに絶対おすすめ!場所、喫煙、周辺レストランなど (Ypao Beach)

 - ビーチ・ビーチパーク(公園)

      2018/10/30

ypaobeach1

イパオビーチはタモン湾の南端に位置するビーチ。
パシフィックアイランドクラブホテル(PIC)とヒルトンホテルの間に位置しています。

スポンサーリンク

イパオビーチの特長

タモンビーチに比べて日本人のツーリストが少なく、海も透き通っている印象。
浅瀬が続いているのでシュノーケリングにも適しています。

熱帯魚を見つけるポイントは、海の中に見える珊瑚の近くに行くこと。
珊瑚のまわりにはたくさんの熱帯魚を見ることができます。

シュノーケリング

シュノーケル

イパオビーチに行くなら、必ずシュノーケリンググッズを持っていくのがおすすめ。
ABCストアで激安で買えるグッズもあるので、現地調達もOK。
※ただしイパオビーチ付近にはABCストアがないので必ずタモン中心街や各モールで買っておくのがベスト。

基本的にはグレーの熱帯魚が多く、華やかさにかけますが、
黄色いヤツとか、とても大きな熱帯魚と遭遇したりしてかなり楽しめます。

また、沖の方まで行けば、カクレクマノミを見つけることも。
とにかく珊瑚が多いのでたくさんの熱帯魚を見ることができ、シュノーケリングには最適です。

ただし泳いでいると急に深くなるスポットもあるので十分注意しましょう。

シャワー・トイレ・ロッカーなどの設備

ypaobeach2

イパオビーチに隣接するビーチパークは広く、ノンビリ過ごすならタモンよりイパオ派という人が多いのも頷けます。
子供が遊べるようなアスレチック遊具や、トイレもあって便利。
更衣室はありませんが、トイレが結構広いので着替えも何とかできちゃいます。

また、ビーチパークらしくシャワー(水のみ)も設置されています。
ビーチで遊んだあとはシャワーで潮を流してから着替えて帰りたいですよね。

急なスコールや日差しを避ける事ができる屋根付きの休憩所やライフガードの施設もあります。
※この休憩所によくローカルが来ていて、話しかけられる印象です。

残念ながらロッカーはないので、貴重品などを預けることはできません。
イパオビーチに遊びに行くときは貴重品は持たずに行くようにしましょう。

衛生面や喫煙について

トイレは若干ビーチからは離れたところにあるので気になりませんが、
ビーチ沿いにいくつか設置されているゴミ箱が問題。

おそらく週末にバーベキューをやったゴミがそこに捨てられるのか、
それとも私達ツーリストがそこにゴミを捨てていくからか、
おびただしい程の数のハエがいる可能性があります。

たまにそこにゴミを投げ入れるとハエがぶわっと外に湧き出る事があり、見ていて気持ちのいいものではありません。

また、休憩所となる場所にもハエの数が多く、お弁当を持ち込んでビーチでピクニックしようと思うと苦戦します。

喫煙に関してはイパオビーチのみならず、グアム島は島内全公共施設において禁煙となっています。
これはナターシャ保護法という州法が適用されているためであり、ツーリストとはいえ罰せられる対象になるので注意しましょう。

イパオビーチで遊んだときのおすすめランチ

イパオビーチ付近はタモン地区とは異なり、飲食店が多くありません。
ツーリストに大人気のプロアがビーチパークに併設されておりオススメです。

プロアのBBQプレート

proa1

グアムのガイドブックで必ず取り上げられる人気のチャモロフュージョンレストラン「プロア」。
イパオビーチパークの入り口にあるので、ビーチで遊んだあとのランチにはぜひ立ち寄りたいところ。

その中でもランチにおすすめしたいのはBBQ料理。
こんがり焼けたBBQのお肉は柔らかく、味付けも日本人好み。
サラダやレッドライスが添えられていて1皿でボリューム満点です。

あまりの人気で予約必須といわれているプロアですが、電話での予約に抵抗がある方も多いと思います。

その場合は早めのランチとしてオープンすぐの時間に入るか、遅めのランチとして14時以降に入るなど、時間をピークタイムからずらすことで比較的すんなり案内してもらえるでしょう。

グアムの人気店「プロア (PROA)」 おすすめメニューと料金、予約、アクセスについて

イパオビーチ近隣の施設

イパオビーチはタモン中心街よりもだいぶ南下した場所に位置しており、周辺の施設もかなり疎らになっています。
また、ビーチパーク入口からビーチまでも距離があるので、タモンビーチのように「遊んで、食べて、買い物をして」という楽しみ方には向いていないでしょう。

※それゆえの穴場ビーチなのかもしれませんね。

ホテル

画像はhttp://www.hilton-guam.com/より

  • ヒルトングアムリゾート&スパ
  • パシフィックアイランドクラブ

イパオビーチは広大なビーチパークに面しており、直接接しているホテルと言えるのはヒルトンとPICしかありません。
そのため「わざわざ行く」というようなビーチであり、ツーリストも比較的少ない印象です。

ロイヤルオーキッドやヴェローナ、パシフィックスターなんかも距離的には近く感じますが、グアムの炎天下で歩いて行くにはやや遠く感じるでしょう。

グルメ

前述のとおり、イパオビーチ付近にはあまり多くのショップがありません。
そのため、せっかくなら有名なプロアに立ち寄るのがオススメです。

その他にもフロストバイトやハファコーヒーといった注目ショップが存在していますが、ビーチからビーチパークを通っていくにはやや遠く、大通りを横切らなければならない点に注意。

サービス

  • GVB(グアム政府観光局)

イパオビーチ前にはグアムの政府観光局施設があります。

レジャー

  • イパオビーチパーク

レジャー施設は特になく、イパオビーチパークでBBQをするローカルがいたり、パーク内には遊具が少しだけ置いてあったりします。

イパオビーチの場所・行き方

イパオビーチはタモン中心部からはやや遠く、徒歩で行くのは大変です。
そのため、基本的にはバスやレンタカーを使っていくことになります。

シャトルバスで行く場合(バス停に関する注意点)

赤いシャトルバスのタモンシャトル「イパオパーク/GVB前」で下車。
目の前にある広大な広場を横目に、プロアとGVBの間にある道を進んだ先にビーチがあります。

距離は300mほどですが、炎天下の下を歩くのでもう少し長く感じそう。
またこの通りは車が通る道なので、道の脇にある公園を進んだ方が安全でしょう。

イパオビーチからの帰り、タモン中心街に向かうときには「パシフィックアイランドクラブ向かい」までバス停がありません。(徒歩10~15分)
もし炎天下の中を歩くのを避けてタモン中心街に向かいたければ、来るときに下車した「イパオパーク/GVB前」から逆方向に乗り、GPOなどを経由し迂回して戻ることになります。

ということで、イパオビーチにシャトルバスで行く場合は「行きはよいよい、帰りはこわい」状態になりますのでご注意ください。

レンタカーで行く場合

イパオビーチパークには無料の駐車場がありますので、レンタカーで行く場合も安心です。

タモン中心街から南下し、プロアとGVBの間の道へ右折していけば駐車場があります。

ただし、車上荒らしには注意しましょう。
ビーチに遊びに行くときは車の中に荷物を残さないように。

地図

基本情報

スポット名 イパオビーチ (Ypao Beach)
ジャンル ビーチ
駐車場
場所 パシフィックアイランドクラブとヒルトンホテルの間
トイレ
シャワー
ライフガード 週末のみ

 

スポンサーリンク

あなたにオススメのもう1記事

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い