200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

ビキニアイランドとココス島は全然違う!あなたにはどっちがおすすめ?

hizashi

日本から近くて人気のリゾート、グアム。

そのグアムで人気があるオプショナルツアーのココス島とビキニアイランド。
どちらもグアムの南端沖にある小さな島ですが、それぞれ特徴が違います。

ココス島とビキニアイランド、どっちがいいんだろう・・・
と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ココス島とビキニアイランドどっちがおすすめ?

どっちがおすすめかと聞かれたら、「ツアーの間、どう過ごしたいかによって変わる」「誰と行くかによって変わる」というのが本音です。

どちらもグアムの美しい海が堪能できる場所ですが、その島の性質上できることが変わってくるからです。

ココス島がおすすめなのはこんな人!

マル

ココス島とビキニアイランドを比較したときにココス島をおすすめしたいのは小さなお子様と一緒のファミリー。
プライベートビーチのようにトイレやシャワー、更衣室などの設備が整っているので安心して楽しむことができます。
トイレにいつでもいけるかどうかは小さな子供連れにとってポイントですよね。

またマリンアクティビティを1つずつ選ぶことができるので、滞在中のんびり自由に過ごす時間もほしいという人にはココス島がおすすめです。
海だけじゃなく自然も満喫できるのでのんびり散策することができます。

ビキニアイランドがおすすめなのはこんな人!

good

とにかくマリンアクティビティが楽しみたい!という人はココス島よりもビキニアイランドがおすすめです。

アクティブに楽しむジェットスキーとバナナボート、のんびり楽しむイルカウォッチングとシュノーケリング。
これら全部が楽しめて$99という格安価格です。

ビキニアイランドへの上陸は潮の満ち引きによってできる場合とできない場合がありますが、とにかくマリンアクティビティを楽しみたいという場合であればココス島より断然安く楽しめるのでおすすめです。

ココス島のポイント

banana

ココス島全体がリゾートとして開発されているため、温水シャワーやトイレなどの設備が整っています。
レストランや売店などもあり、自由に過ごすことができます。
(もちろんアクティビティの時間などに制限はありますが)

体験できるアクティビティも豊富で、マリンアクティビティ以外にサンドバギーやミニジャングルツアーなど自然を満喫するものもあります。

送迎とランチがついた基本のツアーで大人$89。
半日コースはランチなしで大人$58。
アクティビティに参加する場合はそれぞれにお金がかかります。
例えばパラセーリングなら$60、バナナボートなら$25です。
基本コースとアクティビティがセットになったものもあり、バラバラに申し込むよりお得になっています。

グアム人気のオプショナルツアー、キレイな海を満喫できるココス島 (Cocos Island)

ビキニアイランドのポイント

ビキニアイランド潮の満ち引きによって出現する幻の島。
満潮時には海の中に沈んでしまいます。

そのためビキニアイランド上に設備は何もありません。
トイレなどの施設はビキニアイランドやココス島から近いメリッツォ村にあるビキニアイランドクラブという施設を利用することになります。
(このビキニアイランドクラブがアクティビティに参加するときの中継地点になります)

ただしビキニアイランドが現れたときの美しさはココス島では体験できない、なんとも言えない感動があります。
星の砂も多く見かけるので上陸した際には探してみるのもおすすめです。

基本のコースはジェットスキー・バナナボート・シュノーケリング・イルカウォッチング・ビキニアイランド上陸が含まれる贅沢な内容。
ランチもついて大人$99と格安です。

幻の島「ビキニアイランド」で楽しめるマリンアクティビティ!

おわりに

ココス島とビキニアイランドを比較してみました。
自分たちに合うのがどちらか決められたでしょうか。

とにかくマリンアクティビティをあれもこれも楽しみたい人はビキニアイランド一択ですよ!

スポンサーリンク

 - グアムで遊ぶ

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/10/01

  関連記事

グアムで一番キレイなビーチ「リティディアンビーチ」の楽しみ方・行き方

グアム最北端にある美しい海、リティディアンビーチ。 真っ白な砂浜と真っ青な海は絵 …

男子大学生におすすめのグアムの楽しみ方。朝から晩まで遊びつくそう!

日本から3~4時間で行けるグアムは大学生にも人気の旅行先。 男同士でグアムに行く …

グアム現地でもなるべくお金を使わずに遊べる方法。おすすめプランを紹介!

日本人に人気の旅行先、グアム。 毎年多くの日本人がグアムを訪れています。 そのた …

グアム タンギッソンビーチについて(旧NCSビーチ公園) (Tanguisson Beach)

恋人岬の少し北に位置するタンギッソンビーチ。 海軍によって運営されていたNCSビ …

グアムの街中で見かける水牛のオブジェについて

グアムの街中を歩いていると、いろんなところで牛さんのオブジェに遭遇します。 何も …

グアムのプライベートビーチ徹底比較!あなたにおすすめのプライベートビーチはどこ!?

気軽に利用できる無料の公共のビーチもいいけれど、プライベートビーチもおすすめ。 …

グアムで星の砂をゲットできるビーチまとめ

グアムのお土産としても重宝される星の砂。 砂の粒に稀に星形のものが混じっているも …

グアム アサンビーチについて (Nat Park Asan Beach)

チャモロビレッジで有名なハガニアの西隣の地区「アサン」にあるビーチです。 太平洋 …

グアムのココス島とココパームガーデンビーチはどっちがおすすめ?

グアムに行ったら1日くらいはツアーに参加して思いっきり海を楽しみたい!と思ってい …

干潮には注意!だけどおすすめの「ココパームガーデンビーチ」について

手つかずの自然が残る北西部にある「ココパームガーデンビーチ」。 ヤシの木に囲まれ …

         

  こんな記事も読まれてます

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い