200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

ガンビーチについて。シャワー・トイレ・行き方・駐車場や治安など

画像はhttp://google.co.jp/maps/より

画像はhttp://google.co.jp/maps/より

タモンビーチの少し北、ホテルニッコーグアムからビヒア岬にかけて広がるビーチです。
公共のビーチのため誰でも無料で自由に利用することができます。

海はクリアで美しく、コーラルフィッシュが集まる小さな洞窟もあり、
ダイビングやシュノーケリングのスポットとしても親しまれています。

ホテルニッコーグアム宿泊者以外は未舗装の道路を通らないと行けないため、日中でも人が少なく、静かです。

スポンサーリンク

名前の由来

ガンビーチには第二次世界大戦のときに使用された旧日本軍の大砲が残されています。
そのためガンビーチと呼ばれています。

写真撮影も自由、触れるのもOKです。

グアムの青い空、青い海を目の前に不釣り合いな大砲ですが、一度見ておいてもいいかもしれませんね。
個人的には少し不気味な気がして苦手です・・・。

シャワー・トイレ・更衣室などの設備

パブリックビーチであるガンビーチには残念ながらシャワー、トイレ、更衣室・ロッカーなどの施設はありません。
ライフガードもいないので、危機管理は万全で出かけましょう。

ただしガンビーチには「ザ・ビーチ」というレストラン&バーがあり、無料のシャワールームを完備しています。
11:00から営業していますので、シュノーケリングなど海で遊んだあとにシャワーを浴びて着替えてランチや休憩を取ってからホテルに戻るのがおすすめです。

アクティビティ

シュノーケル

ガンビーチはしばらく浅瀬が続くので、歩いて少し沖まで出る必要があります。
そのためマリンシューズは必須です。

浅瀬を過ぎると急に深くなりますが、そこからは浅瀬とは別世界です。
水の透明度もあがり、魚も増えます。
なので、ガンビーチでシュノーケリングするには少し沖まで出るのがポイントです。

ただし潮に流されないよう十分注意してください。

またホテルニッコー宿泊者は有料ですがシュノーケルグッズやフィンをレンタルすることができます。

ダイビング

ガンビーチはダイビングスポットとしても人気があります。
水深12mほどのところではウミガメがよく見られます。
運が良ければマンタに遭遇することも。

治安

人が少なく、ライフガードもいないので治安としてはそこまで良くないのですが、
「ザ・ビーチ」ができてから人気が増えたので少しは利用しやすくなったと思います。
それでも治安が良いとは言えないので十分に注意する必要があります。

とくにレンタカーで行く場合には車上荒らしに注意しましょう。
車内には荷物を何も残さないようにしてください。

近隣の施設

ホテル「ニッコーグアム」

グアム屈指の規模を誇る高級リゾートホテル。
挙式が行われることも多いので、ガンビーチではウェディング姿での写真撮影を見かけることもあります。

レストラン:「ザ・ビーチ バー&グリル」

オン・ザ・ビーチのレストラン。
グアムで一番のロケーションと言っても過言ではありません。

11:00から営業しているので午前中にビーチで遊んでランチに利用するのもおすすめです。
おすすめはBBQ料理。
ハンバーガーやサンドイッチも揃っています。

グアムのサンセットディナーは「ザ・ビーチバー&グリル」で。メニュー、値段、行き方について

【閉鎖】レジャー:「リナラグアムビーチ&カルチャーパーク」

グアムの歴史を学んだり、大自然の中を散策したり、グアムに生息する動物と触れ合ったり。
チャモロ文化に触れあうこともできます。

東京ドームの2.5倍の広大な敷地で1日楽しめます。
入場料は大人$25、子供(2-11歳)$15、2歳以下無料。

リナラ・グアムビーチ&カルチャーパークの詳細はこちら

イパオビーチとの比較

ガンビーチ・イパオビーチともにシュノーケリングに適したビーチです。

イパオビーチの方が泳ぎやすく魚も多いように感じられます。
またイパオビーチは午前中からシャトルバスが停まるので、アクセスも便利です。
ビーチパークとなっているので、トイレやシャワーも完備されています。
シュノーケリングを気軽に楽しみたい人にはイパオビーチがおすすめです。

どちらもタモンビーチに比べれば静かでのんびりしたビーチですが、
ガンビーチに比べるとイパオビーチの方が人が多いです。
静かにのんびりすごしたい人はガンビーチの方がいいかもしれません。

グアムのイパオビーチがシュノーケリングに絶対おすすめ!場所、喫煙、周辺レストランなど (Ypao Beach)

場所・アクセス・駐車場

朝~夕方に行きたい場合は徒歩またはレンタカーやタクシーで行くことになります。
夕方~夜にかけて行きたい場合はシャトルバスの利用が可能です。

徒歩で行く

ホテルニッコーグアム前から歩いてすぐです。
ホテルニッコーグアムまでは赤いシャトルバスのタモンシャトルを利用すると便利です。
ホテル内の通り、プールに出て、ビーチに行くことになります。

レンタカーで行く

タモンのホテルロードを北方向(ヒルトンからホテルニッコーグアムに向かい方向)に進みます。
そのまま進んで突き当りがガンビーチです。
ビーチの手前に駐車場があります。

シャトルバスで行く

夕方~夜にかけてサンセットを見に行きたい場合はシャトルバスの利用が可能です。
(昼間は運転していません。18:40が始発)

赤いシャトルバスのタモンシャトルに乗り、「ザ・ビーチバー&カルチャーパーク」で下車。
下車して目の前に見えるビーチがガンビーチです。

※HISのシレナトロリーは午前中から停車します。

基本情報

スポット名 ガンビーチ (Gun Beach)
ジャンル ビーチ
駐車場
場所 ホテルニッコーグアムの北かたビヒア岬にかけて
トイレ 無(ザ・ビーチに有)
シャワー 無(ザ・ビーチに有)
ライフガード
スポンサーリンク

 - グアムで遊ぶ

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/10/09

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い