200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

【閉鎖】リナラ・グアムビーチ&カルチャーパークについて (LINA’LA’ Guam Beach&Culture Park)

画像はhttp://google.co.jp/maps/より

画像はhttp://google.co.jp/maps/より

【追記】こちらの施設はすでに閉鎖しています。同様のテーマパークとしてバレーオブラッテアドベンチャーパークがオープンしています。

グアムのジャングルクルーズ「バレーオブラッテアドベンチャーパーク」の感想、ツアー内容と予約方法について

ホテルニッコーグアムの北側のガンビーチにある「リナラ」グアムビーチ&カルチャーパーク。

6つのエリアから成り立つこの施設はグアム発のカルチャーテーマパークで、
伝統のチャモロ文化や歴史、そして自然について学べる施設となっています。

2013年にオンザビーチのレストラン「ザ・ビーチ」が加わり、
1日楽しめるテーマパークとなりました。

タモンのホテルエリアから近く、東京ドームの2.5倍の広大な敷地で
幅広いアクティビティが楽しめます。

入場料は大人$25、子供(2-11歳)$15、2歳未満は無料。
ビーチやバー&レストラン「ザ・ビーチ」のみの利用に入場料はかかりません。

各エリアの紹介

1、ビジターセンター

エントランス正面にあるビジターセンター。
冷房完備の涼しい館内でグアムの歴史や文化を紹介しています。

映像による説明の他、
敷地内で掘り出された土器や
スペイン・アメリカ・日本に統治された時代の名残の品が展示されています。

2.ネイチャー・ウォーキングエリア

大自然が残るジャングルの中を歩きながらグアムの自然を体感できるエリアです。
グアム特有の草花、フルーツ、蝶などを散歩しながら見ることができます。

また、園内で発見された大小様々なラッテストーンと呼ばれる石の遺跡も展示しています。
ラッテストーンは1000年以上前の石の遺跡で、手つかずのまま現在まで残っています。

3.古代チャモロビレッジエリア

ジャングルの細い小道を抜けると古代チャモロビレッジのエリアに入ります。
まるで500年以上前にタイムスリップしたかのような古代チャモロの集落となっています。

ここは1521年のマゼラン発見以前のグアムを表現していて、
当時の家はもちろん当時の服を身にまとった人たちが約500年前のリアルな生活を再現しています。

村の家屋や道具などすべてがチャモロの人たちの手作りで作られています。

4.アニマルエリア

ヤシガニやカラバオ(水牛)、イグアナなど、グアムに生息する動物たちと触れ合うことができます。
珍しくはありませんが、豚やヤギや鶏などもいます。

有料ですが、水牛に乗ることもできるのでトライしてみてはいかがでしょうか。
水牛はおとなしい性格で、体を撫でてあげると喜んでくれるので、
乗らなくともぜひ触れ合ってみてください。

5.カルチャー体験エリア

チャモロ文化を実際に体験できるエリアです。

ビーチ沿いにあるこのエリアではチャモロダンスやチャモロ語のレッスン、
葉編みのハンディクラフト、チャモロ料理のデモンストレーションなどのメニューが用意されています。
気軽に参加できるので、ぜひ体験してみてください。

6.ビーチエリア

タモン湾の北端のこのエリアのビーチは
右に恋人岬、左にタモン湾を望む最高のビュースポットです。
とくにサンセットは水平線に太陽が沈み、美しい景色を見ることができます。

このビーチはホテル街の中心にあるタモンビーチより人が少ないので
のんびりとビーチを楽しむことができます。

さらに2013年にオンザビーチのバー&レストラン「ザ・ビーチ」がオープンし、
伝統的なチャモロ料理は南国ならではのトロピカルカクテルを楽しむことができます。

場所・行き方

シャトルバスで行く

午前から夕方にかけて行く場合は、
赤いシャトルバスのタモンシャトルに乗り、「ホテルニッコーグアム」で下車。
ホテルニッコーグアムの前のビーチを北(右)に進んでください。
オンザビーチのバー&レストラン「ザ・ビーチ」がすぐ見えます。

夕方~夜にかけて行く場合は、
赤いシャトルバスのタモンシャトルに乗り、「ザ・ビーチ&カルチャーパーク」で下車。
バスを降りてすぐ左側にあります。

※午前~夕方は「ザ・ビーチ&カルチャーパーク」停留所には停まりません。
「ザ・ビーチ&カルチャーパーク」停留所は18:40が始発となります。

※HISのシレナトロリーは午前から「ザ・ビーチ&カルチャーパーク」に停まります。

レンタカーで行く

タモンのホテルロードを北(ヒルトンホテルからホテルニッコーグアムに向かう方向)に進んでください。
突き当りまで進むとそこがガンビーチとなっていて、
その左側にあります。

またビーチの手前に駐車場があります。

基本情報

施設名 リナラ・グアムビーチ&カルチャーパーク(LINA’LA’ Guam Beach&Culture Park)
ジャンル レジャー
営業時間 13:00-17:00(バー&レストラン「ザ・ビーチ」は11:00-翌2:00)
定休日
入館料 大人(12歳以上)$25、子供(2-11歳)$15、2歳未満無料
場所 ホテルニッコーグアム隣のガンビーチ
問い合わせ BGツアーズ 1(671)646-8000または1(671)649-7263(日本語OK)
WEB

 

スポンサーリンク

 - グアム観光

      2020/02/21

  関連記事

グアムのメインストリート「パレ・サン・ビトレス通り」(通称ホテルロード)について (Hotel Road)

タモン中心街を走るメインロードを通称「ホテルロード」と呼ぶことが多いです。 正式 …

グアム セッティ湾展望台の見どころ、行き方について (Cetti Bay Overlook)

グアム南部のラムラム山を背にした小高い丘にある「セッティ湾展望台」。 レンタカー …

グアムの太平洋戦争国立歴史公園 ガアン・ポイント・ビーチパーク (Ga’an Point Beach Park)

グアムの西、アガット地区にあるガアン・ポイント・ビーチパーク。 穏やかな遠浅のビ …

デデドのおすすめショッピングとグルメスポット

タモンの中心から少し北に位置するデデド。 朝市のイメージのデデドですが、実はグア …

グアムの街中で見かける水牛のオブジェについて

グアムの街中を歩いていると、いろんなところで牛さんのオブジェに遭遇します。 何も …

グアム定番の観光スポット恋人岬は意外と楽しいかも (Two Lovers Point) 行き方、見どころ、伝説について

グアムの有名観光スポット「恋人岬」。 タモンの中心から近く、シャトルバスでも気軽 …

グアムの水族館「アンダーウォーターワールド」体験記!行ってよかったおすすめ観光スポット! (Under Water World)

タモンの中心にある、大きなクジラのオブジェが目立つ建物。 ここの下(厳密には隣) …

グアムで気軽にウミガメと会える!格安ツアーから贅沢ツアーまで。

ダイビングをする人の中にはウミガメに会いたいと思っている人も多いのではないでしょ …

グアムの観光スポット一覧。定番&穴場スポットまとめ。

グアムへの旅行が決まったら「グアムってどんな見どころがあるの?」という点が気にな …

グアムのジャングルクルーズ「バレーオブラッテアドベンチャーパーク」の感想、ツアー内容と予約方法について

グアムの先住民であるチャモロ族の歴史や生活を体験しながら、今もしっかりとグアムの …

         

  こんな記事も読まれてます

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い