200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムでどこ行く?何する?初めてのグアムの過ごし方・楽しみ方について。

 - 特集・まとめ記事

      2016/07/07

初めてのグアム旅行。
一体何が出来るの?と不安な方もいると思います。

グアムは本国アメリカにしてみたら本土からとても離れた片田舎にある小さな島。

むしろ日本の方が近く、日本が統治していた時代もあったため、
日本人のツーリストが島の重要な収入源にもなっており、街中には日本語が溢れている状態です。

そんなアメリカと日本の中間のようなグアムで楽しめること、どう過ごすか?についてまとめてみました。

スポンサーリンク

海を楽しむ

ypaobeach1

グアムと言えば、もちろん海!
日本の海に慣れている私達からしたら、とてつもなく美しいビーチが待っています。

「でも泳げないし・・・」

そんな心配もいりません!
グアムは浅瀬が続いているので、海に入っても水はしばらくはヒザ下です。

そして透明度が高いので、魚が泳ぐ様を肉眼で見ることができます。
※グアムの海といえばナマコも多いですが・・・。

ヘタすると半日ぐらいはそれだけで楽しめちゃうって人も。

「そんなこと言っても、水着になるのは恥ずかしい・・・」

大丈夫!
グアムはビーチが綺麗なのに日本人はあまりビーチにいません(笑)

だいたいの人が2泊~3泊の旅行なのでショッピングに観光に忙しいからです。

タモンのビーチサイドではパラソルとビーチチェアの貸出もしているので、
本でも読みながら波の音に耳を傾けてのんびりするのも、日常を忘れていい時間を楽しめます。

【参考】グアムのおすすめビーチまとめ

食事を楽しむ

rubytuesday3

アメリカ料理

グアムはアメリカなので、アメリカンな食事を楽しむのには最適です。

「アメリカの料理って不味いんでしょ」
そういう認識がまだまだ強いかもしれません。

確かにアメリカの肉は硬いですし、揚げ物や茶色い料理ばかりがでてきて、毎日食べてたらすぐに飽きます。

でも、「不味いか?」と言われたら、決してそんなことはありません。
そもそも、日本人が多く行く観光地で不味い店なんて続かない事ぐらいすぐに想像が付きますね。

アメリカのレストランはカリフォルニアキュイジーヌを考えてもわかる通り、
各国のエッセンスを上手に取り入れていて、美味しく仕上げています。

先入観をなくして”アメリカ料理を楽しもう”と思うと、あの豪快な料理もとても楽しく感じられますよ!

【参考】オススメのアメリカンレストランはルビーチューズデー

チャモロ料理

グアムはもともと、先住民族のチャモロ族が住んでいた島です。
その為、郷土料理であるチャモロ料理をグアム島では楽しむ事ができます。

チャモロ料理のレストランというのはあまり多くありませんが、
各レストランが「チャモロ風」に仕上げた料理を提供しているので、それを楽しむのもいいですね。
※たとえばアメリカンな店ならチャモロバーガーなど

チャモロ料理を進化させたチャモロフュージョン料理が楽しめる「プロア」はオススメです。

【参考】フュージョンチャモロ料理のプロア

その他の料理

他にも当然いろいろな料理が用意されています。
和食の店もたくさんありますし、日本人オーナーが経営されているお店も多いのでハズレが少ないです。

諸外国においては「中華料理にハズレなし」というぐらい、中華レストランに入っておけば間違いないですが、グアムでもそれは同じ。

ただし、グアムにおいては中華よりも「グアムではベトナム料理にハズレなし」と言われており、ベトナミーズレストランがそこかしこにあります。
ベトナミーズも滞在中に一度は楽しみたい料理と言えます。

【参考】グアムのベトナミーズレストランまとめ

ショッピングを楽しむ

shopping

グアムは栄えている街自体が小さいですが、その中にブランドの免税店がたくさんひしめいています。
その為、グアムの目的をショッピングにしている人もいるほど。

もしブランドアイテムを買おうと思っているなら、1日まるっと買い物に使ってしまうかもしれませんね。

また、スーパーやコンビニにはアメリカンな食材やアメリカンな雑貨が自然と並んでいるので、
普段見かけないような珍しいアイテムを買うことが出来て楽しいです。
コンビニで並ぶ飲み物を見ても「アメリカンだなぁ」と感じられます。

ただし物価が日本とそこまで変わらない(もしくは少し高い)ので、「楽しもう」という気持ちがないと楽しくないかもしれないですね。

【参考】あなたにおすすめのショッピングスポットは?

観光場所を巡る

sanvitores1

グアムの歴史を知ると、スペインに統治され、アメリカに統治され、日本に統治され・・・という過去があった事がわかります。

街中にはその名残とも言えるスペイン風の建築物があったり、日本の戦時中の大砲が未だに残されていたりと、
その歴史を感じさせる観光スポットがたくさんあります。

それはタモンに収まらず、グアム島全域に少しずつ点在しているので、レンタカーを借りて観光地を巡るのも一興です。

第二次大戦中にグアムのジャングルで20数年も身を潜めていた横井庄一さんが作った洞穴(レプリカですが)があったり、各所に戦争の跡を確認できる平和記念公園があったりと、日本人からすると心苦しい施設が多いのも事実。
※毎年日本からの独立をお祝いするお祭りが行われているのが現実です。

でもそんな歴史がありながらも日本人を受け入れてくれているグアムが、どんな歴史を持って、今どんな状態にあるのか?を知るのにも、観光地を巡るのは面白いかもしれません。

アクティブに楽しむ

skydiving

ショッピングも観光もしなくたって、アクティブに遊べるのがグアムです。

島内には大型のプール施設が3つもあり、ギラギラした太陽のしたで思いっきり遊べます。
小さいお子さんがいるファミリーでのグアム旅行なら流されたり魚がいたりしないプールは安全です。

海も透明度が高いのでシュノーケリングやダイビングに向いていますし、
パラセーリングやジェットスキーなどの水上アクティビティも充実しています。

泳げない方でも潜水艇や水中の水族館施設があったりと、いろいろ楽しめます。

また、街中に突然逆バンジーが表れたり、小さくても絶叫できる遊園地があったり、行ける人はスカイダイビングにもチャレンジできちゃう。スリリングなアトラクションもたくさんあります。

【参考】グアムでできるアクティビティ一覧

ホテルで過ごす

画像はhttp://www.lottehotel.com/guam/ja/より

画像はhttp://www.lottehotel.com/guam/ja/より

一番贅沢なのはホテルで過ごすグアム旅行だと思います。
特に高級ホテルのラウンジで海を眺めながらシャンパンなんて贅沢の極みです。

ホテルによってはプールに直結できる部屋があったりして、滞在中のほとんどをホテルで過ごすなんてことも。
日頃忙しい人ほどプールサイドでとにかく何もしない一日を過ごすというのもいい経験です。

コンドミニアムを借りればスーパーで現地の食材を買ってきて料理をするのも楽しくていいですよ。

【参考】グアムのコンドミニアム一覧と、基本情報

おわりに

いかがでしたか?

グアムでの3日4日なんてすぐに過ぎてしまうものです。
せっかくの旅行なんで(ノンビリすることも含めて)有意義に過ごせるように計画していきましょう。

スポンサーリンク
もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い