200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

ホテル・ニッコー・グアムってこんなホテル!基本情報と口コミまとめ

画像はhttp://www.nikkoguam.com/より

画像はhttp://www.nikkoguam.com/より

タモンのホテルロードの一番北、ガンビーチに面して建つホテルニッコーグアム。

ウェディングも行われる高級ホテルで、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができます。

特徴はなんといっても「グアムで唯一、全室オーシャンフロントのホテル」ということ!
全室オーシャンビューではなく、”全室オーシャンフロント”なんです。

全室オーシャンビューの罠!オーシャンフロントとオーシャンビューの違い

そんなホテル・ニッコー・グアムの情報を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ホテル・ニッコー・グアムの確認しておきたい基本情報

まずはグアムでの宿泊ホテルを選ぶ際に気になるポイントを確認しておきましょう。

チェックポイント 備考
グレード Aランク JTB:A、HIS:☆4、エアトリ:☆4
プール ウォータースライダーあり
レストラン 併設レストランあり
朝食ビュッフェ 宿泊プランによっては3つのレストランから選べる
立地
ホテル前にビーチ
オーシャンビュー 全室オーシャンフロント
WiFi ホテル全館で無料WiFi可
ファミリールーム 赤ちゃん向けの部屋あり
スイートルーム
バルコニーでの喫煙

ホテル・ニッコー・グアムの場所・立地

公式サイト https://www.nikkoguam.com/
住所 245 Gun Beach Rd, Tumon 96913

(郵便)P.O.Box 12819 Tamuning, Guam 96931

TEL 1-(671)-649-8815

ホテル・ニッコー・グアムはタモンビーチの北側に位置しています。
タモンの中心地である繁華街からは少し離れた丘の上にあるホテルですね。

ビーチへのアクセス

タモンビーチ

ホテルニッコーグアムの前のビーチはガンビーチと呼ばれるビーチ。
パブリックビーチですが、宿泊者以外の利用が少ないのでホテルのプライベートビーチかのような雰囲気が味わえます。

グアムのビーチの中でも透明度が高いビーチとしても有名です。

プールから直接行くことができますし、ビーチの入り口にはシャワーもあるので安心して遊べますね。

ホテル前にはビーチチェアが並び、宿泊者は無料で利用することができます。
タオルやライフジャケットも無料で貸し出していますので便利です。

その他に浮輪やシュノーケルセット、カヤックなどビーチを楽しむグッズのレンタルが可能。
時間や種類によって値段が変わりますが、シュノーケルセットは2時間$10、カヤックは2人乗りで30分$10とそれほど高くありません。

繁華街・ショッピングへのアクセス

ホテルニッコーグアムはタモンの繁華街からは少し離れたところに位置しています。
そのためアクティブにグアムを楽しみたい方には少し不便な立地と思えるかもしれません。

ですが、ホテルのエントランス前にはシャトルバスの停留所があり、頻繁にシャトルの出入りがあるため不便を感じることはないでしょう。
繁華街までなら赤いシャトル(北回り、南回り)、レアレアトロリーのどちらに乗車してもすぐです。

GPO方面もマイクロネシアモール方面もホテルの前から乗車することができて便利なのですが、レアレアトロリーでマイクロネシアモールに行く場合は一度JPストア付近で乗り換える必要がある点に注意。

ちなみにホテル内にもデューティフリーショップがあり、コンビニエンスストア的な役割も果たしているので何かあった時には便利に使えると思います。

レストランへのアクセス

画像はhttp://www.nikkoguam.com/restaurant/benkay/より

ホテルニッコーグアムの周辺にはレストランがありません。
そのためホテルから移動しない方なら必然的にホテル内のレストランを利用することになるでしょう。

ホテルには中華料理の「桃李」、日本料理の「弁慶」、ビュッフェレストランの「マゼラン」と3つのレストランがあり、すべて日本人の料理人が料理長を勤めてくれているので安心です。

アクティブにホテルから移動する方でも、前述のシャトルバスのおかげで、タモン中心街での食事には困ることがないでしょう。

また、夜のバーベキューディナーショーもホテルで開催されている「サンセット・ビーチ・BBQ」があります。
ホテルよりさらに北に位置するザ・ビーチバー&グリルにも近いのでそちらを選択するという手も。

グアムのサンセットディナーは「ザ・ビーチバー&グリル」で。メニュー、値段、行き方について

ホテルニッコーグアムの設備・備品

ホテルニッコーグアムのホテルの部屋やプールなどの設備は以下。

客室

なんといっても全室オーシャンフロントの部屋がホテルニッコーグアムの魅力。

客室ランクはスーペリアクラスを中心に展開されており、高層階の「デラックス」、上質なサービスが受けられる「プレミア」、そしてスイートルームが存在しています。

客室 階数/広さ 特徴
オーシャンフロントツイン 4~8階
48㎡
ホテルニッコーグアムのスタンダードな部屋
オーシャンフロントトリプル 4階
48㎡
トリプルルーム
(添い寝3名含む最大6名宿泊可)
キッズビュッフェフリーパス付き
ファマグウンルーム 7~8階
48㎡
電子レンジあり
赤ちゃん連れ向け
オーシャンフロントデラックス 9~10階
48㎡
高層階宿泊
キッズビュッフェフリーパス付き
オーシャンフロントプレミア 9~15階
48㎡
高層階宿泊
プライオリティサービス
オーシャンフロントスイート 6~10階
100㎡
プライオリティサービス
オーシャンフロントプレミアスイート 11~15階
110㎡
高層階宿泊
プライオリティサービス
オーシャンフロントプレミアエグゼクティブスイート 8・10階
160㎡
アイランドモダンインテリア
ベッドルームあり
プライオリティサービス
プレジデンシャルスイート 9階
210㎡
最高級客室
ベッドルームあり
プライオリティサービス

全室オーシャンフロントであるため、どのクラスの部屋にもゆったり広々としたバルコニーがついているのが特徴的です。
そのため、バルコニーを含めた部屋の広さはスーペリアクラスでも48㎡!

※ちなみに人気のアウトリガーでも36㎡、ヒルトンは27㎡です。

のんびりリゾートを楽しみたい人向けのホテルと言えそうですね。

ホテルニッコーグアムのプライオリティサービス

上級グレードの部屋に宿泊すると「プライオリティサービス」が受けられるようになります。

内容は以下の6つ。

  • プレミアラウンジの利用
  • 日本語による滞在サポート
  • 優先チェックイン
  • レストラン優先席
  • 専用駐車場
  • ウェルカムドリンク

特に嬉しいのはプレミアラウンジへアクセスできることではないでしょうか。
後述しますが、早朝から夜までいつでも利用できるエグゼクティブなラウンジですので、旅行をよりプレミアムなものに変えてくれると思います。

また立地柄、アクティブ派の人にはレンタカーが欠かせませんよね。
プライオリティサービスには専用の駐車場も用意されているので、外出時の移動もスムーズになるでしょう。
※ただし、プライオリティサービスを受けられなくともニッコーグアムには大型の駐車場(200台収容)がついています。

子連れ、赤ちゃん連れ向けの部屋

赤ちゃん連れのファミリーはホテルの部屋で過ごす時間が多くなるもの。
ホテルニッコーグアムであれば全室オーシャンフロントですので、パパもママも部屋からグアムの海を満喫することができます。

さらにアメニティには冷蔵庫だけでなく湯沸かしポットが用意されています。
赤ちゃん連れ向けに用意されたファマグウンルームでは電子レンジも常設。

何かと不自由な子連れ旅行もポットや電子レンジがあるだけでずいぶん楽になるものです。

また、オーシャンフロントトリプルおよびデラックスルームではキッズ向けのビュッフェフリーパス(4~11歳まで)が付いているのもありがたいですね!

アメニティ

画像はhttp://www.nikkoguam.com/より

画像はhttp://www.nikkoguam.com/より

ホテルニッコーグアムで用意されているアメニティは以下。

スリッパ、ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオル、バスマット、歯ブラシセット、シャワーキャップ、ひげ剃り、コンディショナー、シャンプー、ソープ、ミネラルウォーター(ボトル大をベッド利用人数分×1滞在)

基本的なものは一通りある感じですね。
ミネラルウォーターが毎日一本ずつというのではなく、1滞在で1人あたり大きなものが1つというのは珍しいかも。

これがプレミアルーム・スイートルームになると

綿棒、クシ、爪ヤスリ、コットン、ビール・ソフトドリンクのウェルカムドリンク、バスローブ

これらが追加されます。
また基本のアメニティからグレードアップされるポイントとして、ミネラルウォーターがスモール×人数分×宿泊日数となり、シャンプー、コンディショナー、ソープがロクシタンのものになります。

グアムで宿泊するだけでロクシタンのアメニティが使えるというのは嬉しいですよね。

ちなみに赤ちゃん連れ向けのファマグウンルームでは基本的にスタンダードなアメニティとなりますがキッズアメニティやシャトルバスチケットなどのキッズに嬉しい特典がついていたり、DVDプレーヤーやおむつ用のゴミ箱など「赤ちゃんと暮らしていて必要になりそうなもの」が限定サービスとして用意されていました。

シャワールーム・お風呂・トイレ

シャワー

ホテル・ニッコー・グアムのシャワールームはバスタブの上にハンドシャワーが設置されているタイプです。
シャワーが固定式じゃないのは使いやすくていいですね。

また水圧も充分で、お湯もしっかり出るので安心してシャワーが浴びられます。

ドライヤーも必ず用意されていますので持参する必要はありません。

トイレは全てのグレードの部屋でウォシュレットが設置されているのも日本人向けといった感じ。

WiFi(インターネット)

WiFi

ロビーはもちろん、客室でも無料のWiFiが利用可能。
また、プールやホテル内のレストランでもWiFiが使えます。

つまりホテル・ニッコー・グアムに宿泊した場合には全館どこでもWiFiが使えるということですね。

旅行中もインターネットで情報を仕入れたいという方には非常に便利な設備と言えるでしょう。

プレミアラウンジ

プレミアルーム、スイートルームの宿泊者に限り、プレミアラウンジへのアクセスが許されています。

2018年4月より新しくなったプレミアラウンジは「エグゼクティブのための、ラグジュアリーな空間とサービス」を謳っており、旅をより優雅なものにしてくれることでしょう。

朝7時から夜21時までいつでも利用することができるため、他のホテルのラウンジに比べても時間の融通が利くのが嬉しいところ。

また朝からスパークリングワインを用意してくれたり、金曜・土曜の夜はウクレレの生演奏があるなども一層上質な気分を味合わせてくれそうですね。

ランドリー

ランドリーは3階にあります。
フロントの左手にある出入り口から出て、少し先に進むとあります。

他のホテルのランドリーと同様25セント硬貨専用です。
両替機がランドリールームに設置されているので両替のためフロントまで戻る必要がなく便利です。

洗剤はフロントもしくはホテル内のコンビニで売っていますが
使い勝手や値段を考えると個人的には持参するほうが良いと思います。

プール

画像はhttp://www.nikkoguam.com/より

画像はhttp://www.nikkoguam.com/より

リゾート感のある大小3つのプールです。

グアム島の形をしているという大きなメインプールは大人用で、日中は南国を感じられ、夜はライトアップされて幻想的な気分を味わえます。

小さな2つのプールは子供用。
水深60cmと40cmがあり、どの年齢の子供も安心して遊ばせることができるでしょう。

また全長72mのウォータースライダーが設置されていて、子供のみならず大人でも十分楽しめます。
※スライダーの利用は7歳から。

プールの利用時間は8:00~20:00。(スライダーは18:00まで)
朝から晩までしっかりホテルのプールが楽しめるのは嬉しいですね。

キッズ向け施設

ニッコーグアム内には子供が楽しめるキッズプレイルームが設置されています。

何もグアムに来てまでプレイルームで遊ばなくても・・・と思うかもしれませんが、それは大人の都合なんですよね。
子供にしてみたらグアムだろうとどこだろうと、キッズ向け遊具のあるプレイルームは楽しいものです。

お子さんが旅につかれてしまった時にはぜひ利用したいところ。

またプールサイドにはすべり台やうんていなどを備えた「キッズプレイグラウンド」もあるので、公園で遊ぶ感覚で楽しめます。

クリスタルチャペル

タモンビーチで遊んだことがある人なら誰もが知っている、高台のチャペル。
何を隠そうあのチャペルこそがホテル・ニッコー・グアムにある「クリスタルチャペル」なんですね。

私たちもグアムではありませんでしたがリゾートでの海外挙式経験があり、とても特別な体験になったのを覚えています。

タモン湾を一望できるこのチャペルで挙式をされた方なら、きっとその後もグアムが大切な渡航先となること間違いなしでしょう。

その他のサービスなどチェック事項

日本語の通じやすさ

ホテルニッコーグアムは日系のホテル。
そのためフロントだけでなくレストランなどでも日本語が通じることが多いです。

もちろん英語しか話せないスタッフもいますが他のホテルに比べて日本人スタッフが多く、英語が苦手な人でも安心して宿泊することができます。

ホテル・空港送迎

空港からホテルまでは事前申し込みをすることで、有料にて送迎も行って貰えます。
乗り合いの送迎車で大人(12歳以上)が1人$18です。

最近は往路の送迎がないパッケージツアーも増えているため、ホテル側で用意してくれているのはありがたいところ。

ただしやや高額ではありますので、複数人での移動ならタクシーを利用したり、レンタカーを借りるという手段も考慮にいれた方がいいかもしれませんね。

マジックディナーショー

ホテルニッコーグアムでは有料のマジックショーも楽しめます。
ディナー付きのプランで$58~、ドリンクのみなら$28(どちらも子供は半額)で楽しめるので、旅行の思い出に鑑賞してみてはいかがでしょうか。

食事つきプランの場合は先に食事をしてからショーが始まるというスタイル。

ちなみに我が家では息子が3歳になりたての時にグアムでマジックショーを見に行きましたが、まだ「何が不思議なのか?」というのがわからずに、「ただただ怖い」という感覚だったようです。
一方ネットでは以下のようなクチコミも。

リクエストで、出来るだけ前方の席をお願いしていたら、一番前の席で子どもたちはかぶりつきで楽しんでいました。

[出典]来週グアムに行きます。夜にニッコーのマジックショーにいっ… – Yahoo!知恵袋

特に間近で観られるショーということもあり、ある程度大きくなったお子さんには良い思い出になるかもしれません。

ホテルニッコーグアムのおすすめポイント、NGポイントまとめ(おさらい)

最後に、ホテルニッコーグアムのおすすめポイント、NGポイントを一覧にまとめてみました。

ホテルニッコーグアムのおすすめポイント!

マル

  1. ホテルでゆったりとした贅沢な時間が過ごせる
  2. 全室オーシャンフロントの広々とした部屋
  3. 赤ちゃん連れにも嬉しい設備あり
  4. 日本人には馴染みのある日系ホテル

とにかくニッコーは「贅沢!」という感じですね。
どの部屋からも海が真正面に見えるというのは特別感がありますし、カップル、ファミリー、友達同士、年配のご夫婦などどんな人にも「ゆったりとグアム旅行をするならおすすめのホテル」と言えるでしょう。

また赤ちゃん向けの部屋があるのは、出産後の初海外旅行にもありがたいです。
どうしても赤ちゃん連れだとアクティブには出回れませんし、部屋やバルコニー、ラウンジの居心地の良さは重要なポイントになってくるでしょう。

客室の広さからエキストラベッドを入れても余裕なので3人グループでの利用にも最適です。

そして「日系ホテル」というのも嬉しい部分ですよね。
日本語が通じやすいという環境や、ホテルのレストランが日本人料理長というのは安心してホテルライフを楽しめると思います。

ホテルニッコーグアムがNGなのはこんな人!

バツ

ではホテルニッコーグアムがオススメできないのはどんな人かというと・・・「ホテルは寝るためだけにあるアクティブ派」の人です。

せっかくグアムに行ったんだから、あっちこっちショッピングに行きたいし、アメリカを感じられるレストランも楽しみたい。
人がたくさんいるビーチでマリンアクティビティも楽しみたいし、いろいろなオプショナルツアーにも参加したい!

数日の滞在をフルに動き回って、ホテルは眠るためにある拠点に過ぎない・・・というのであれば立地がイマイチなニッコーグアムをわざわざ選ぶ必要はないと思います。

その場合にはタモン中心地付近にある、より安価なホテルがオススメです。

おわりに

ホテルニッコーグアムはどちらかというと「はじめてのグアム」よりはリピーターにこそその良さがわかるようなホテル・・・といった感じなのかもしれません。
もちろんはじめてのグアム、はじめての海外旅行だったとしても日系ホテルということで安心できますし、滞在中の過ごし方さえ気を付ければ楽しいホテルだと思います。

高級ホテルの場合、楽天トラベルでのパックツアーがかなりお得なのですが、記事執筆時点ではホテルニッコーグアムのツアーは見つけられませんでした。
その代わりHISにて往復送迎+トロリー付きの安価なツアーがありましたので、ニッコーに泊まりたい方は一度見てみるといいかもしれません。

あなたにオススメのもう1記事

はじめてのグアム旅行ならお得で安心なパックツアーがおすすめ!

グアムのホテルグレード一覧。旅行会社別の評価とランキング・ベスト10

スポンサーリンク

 - グアムのホテル

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/06/03

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い