200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

楽天プレミアムカードをグアム旅行で使うメリット・デメリット

card1

海外旅行に行く際、クレジットカードの携帯は必須といえます。
支払いをカードにすることで煩わしい現地通貨を必要以上に持たなくて済むようになりますし、海外旅行の保険がついているものがほとんどだからです。

また、カードによってはお得にマイルが貯まるものや、空港ラウンジを利用できるステータスがついたものもあります。

ここでは楽天が発行する「楽天プレミアムカード」のメリット・デメリットについて解説していきます。

普段使っているクレジットカードと比べて、グアム旅行においてどのような特典があるのか。
一度確認しておきましょう。

楽天プレミアムカードがオススメな理由

まずはいくつかある楽天プレミアムカードのメリットを紹介します。

プライオリティパス会員になれる

lounge1

旅行前に空港でラウンジを利用したことはありますでしょうか。
ゴールドカードを持っている方なら「カード提携ラウンジ」を使うことができるので、待ち時間を少し優雅に過ごすことが可能です。

ただし、カード提携ラウンジがあるのは通常、出発ターミナルより手前です。
そのため飛行機に搭乗する直前までゆっくりするということはできません。

一方、航空会社が運営するラウンジは搭乗口のすぐそばにあることが多いです。

こうした航空会社系ラウンジ(ビジネスクラスラウンジ)は、通常はビジネスクラス利用者または上級マイレージプログラム会員にのみ利用が許されているのですが、その他にも「プライオリティパス」という有料サービス会員にも開放されているんですね。

プライオリティパスは世界共通のラウンジネットワークカード。
これを持っていると、提携のラウンジ(ビジネスクラスラウンジなど)が利用できるようになります。

Priority Passで入れる日本とグアムのラウンジ一覧(2020年1月)

そんなプライオリティパスを、楽天プレミアムカードの会員なら無料で発行することができるのです。
しかも年間$429の会費がかかる「プレステージ会員」(空港ラウンジを無料で利用可)に相当する会員権なんですよ。

楽天プレミアムカードは年会費が11,000円(税込)かかってしまうのですが、$429の会員資格がついてくると思ったら相対的に安いですよね。
しかもビジネスクラスラウンジを利用するというプレミアムな体験もできるわけです。

※新規入会特典で10,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンも行われているため、実質初年度の会費は1,000円です。

傷害・損害保険が付帯している

medical1

海外旅行において海外旅行保険に加入するのはもはや当然のこと。
日本の国民健康保険が適用されませんから、ちょっとした病気で法外な治療費を請求されるなんてことが普通に起こりうるからです。

以前は私も必ず第三者の旅行保険に加入していましたが、今はクレジットカードに付帯する保険が強力なので利用していません。

楽天プレミアムカードにも以下の保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険・・・最高5,000万円
動産総合保険・・・・・年間最高300万円

重度な傷害、死亡など(傷害死亡・後遺障害)に対しては保険が最大で5,000万円まで、怪我や病気に対しては300万円までが適用されます。
※ただし、傷害死亡・後遺障害の自動付帯は4,000万円。

傷害保険には携行品の保険も含まれているので、例えば持って行ったカメラが不慮の事故で壊れてしまった、盗難にあってしまった、などでも1点あたり最大10万円まで保証してもらえます。
(もちろん故意に壊したものや、置き忘れてなくした物などは対象外)

海外旅行の保険会社に加入すると安くても3,000円程度から、日数によっては10,000円も平気で超えてきます。
楽天プレミアムカードの年会費が10,000円(税抜)ですから、下手したら保険加入と同額でプレミアムカードが保持出来るということになりますね。

グアムのクリニックでは、保険に加入していれば現金の持ちあわせがなくとも直接保険会社に請求してくれるケースもあるので、
必ず保険に加入しておくようにしましょう。

また、動産総合保険の方はショッピングに利用した場合の保険ですね。
楽天プレミアムカードを使って買い物をした商品が90日以内に盗難、事故による損害を受けた場合に保証して貰えるものです。

マイルが貯められる

millage_guam0

グアムだと距離も短いですし、マイルなんて貯められないと思うかもしれませんが、何もマイルは乗った距離だけで貯まるものではありません。

楽天プレミアムカードなら貯まった楽天スーパーポイントをANAのマイルと交換可能。

マイル還元率は楽天スーパーポイント2ポイントに対してANAマイルが1マイルなので、0.5%です。
(楽天スーパーポイントは100円につき1ポイント)

200円で1マイル貯まる計算ですので、年間100万円をこのカードで支払えば、1年に5,000マイルが付与されるのと同じことを意味しています。

溜まったマイルはもちろんグアム旅行だけに使う必要はありません。
実は東南アジアへの旅行でANAのマイル交換特典航空券なら100,000ポイント程度でファーストクラスに乗れてしまいます。

通常ファーストクラスに乗ろうと思ったら、旅券購入で100万円ぐらいかかるのを考えると、
マイルを上手に貯めて乗る方が近道なんじゃないかと思えますね。

※ただし、ANAのマイルは3年経つと失効してしまうので、その間に使い切らなければなりません。

楽天プレミアムカードのデメリット

いいところばかり書いていてもアレなので、このカードのデメリットも紹介します。

海外に行かなくても年会費はかかる

このカードの一番のポイントと言えるのはやっぱり「プライオリティパス」でしょう。
日本で発行されているクレジットカードで、ここまで安い年会費でプライオリティパスのプレステージクラスのものがゲットできるものってないからです。

ただ、もし海外に行く機会がそんなにない人であれば、翌年からの11,000円にお得さを感じることはないと思います。

逆に、年に1~2回は海外旅行に行くという人ならその恩恵を受けられると言えそうです。

家族に優しくない

楽天プレミアムカードの最大の欠点は「家族に優しくない」という点です。

まず前述のプライオリティパスですが、ビジネスクラスラウンジを利用できるのは会員本人のみとなっています。
でもこのプライオリティパスだと家族旅行に行ったとしても本会員の1人しかラウンジを使えないわけです。

家族カードを発行してもプライオリティパスは貰えません。
※家族カードで国内主要空港のカードラウンジなら利用可。

また、海外旅行保険の適用範囲についても同様に「本人のみ」という適用の限定がされています。
こちらは家族カードを発行することで、そのカードを持っている人も範囲に含まれるのですが・・・18歳未満の子供は家族カード自体を作ることができません。

つまり家族旅行の場合には、小さなお子様用の保険は別途加入しなければならないのです。

さらにいうと家族カードの発行には550円(税込)がかかってしまうのもデメリットですね。

逆に言えば、単身者にとっては使い勝手の悪くないカードということが言えるでしょう。

期間限定ポイントはマイルに変えられない

楽天はよく「ポイント〇倍」というキャンペーンをやっています。

たとえば記事執筆時点だと、条件を満たすことで最大16倍にもなるというキャンペーンがありました。

つまり・・・100円あたり16ポイントが貯まるわけですね。

単純に考えると、2ポイントが1マイルに変わるわけですから・・・100円で8マイル。
マイル還元率が8%という驚異のクレジットカードと考えられそうです。

・・・が!
実はここに大きな落とし穴がありまして、、、

こうしたキャンペーンで貰えるポイントの多くは「期間限定ポイント」という、通常ポイントと別のポイントになるのです。

残念ながら期間限定ポイントはANAマイルに交換することができません。
そのため、楽天プレミアムカードはいくら駆使してもマイル還元率が0.5%前後ということになってしまうのです。

入会年に貰える10,000ポイントも、そのうち5,000ポイントは6カ月期限の期間限定ポイントであることに注意。

ただし、楽天のサービスに使う分には「期日までに使う」という制限以外に何の問題もないので、特にクレジットカードでマイルを貯めようと思っていない人には問題ないですね。
期間限定ポイントは普通に街中のお店(マクドナルドなど)でも使うことができます。

おわりに

クレジットカードで年会費1万円と聞くと、やっぱりもったいない気がしてしまう人も多いと思います。

でもそれによって得られるメリットが大きければ、逆にお得になることもあるんですね。

もし年間1回でもグアムに旅行に行くのなら楽天プレミアムカード発行も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 - コラム

      2020/02/21

  関連記事

グアム旅行に行くために、効率的にマイルを貯めるならどのクレジットカードを作るべきか?

グアム旅行のことを考えていると「なんとかマイル(マイレージ)で行けないものか」と …

no image
Priority Passで入れる日本とグアムのラウンジ一覧(2020年1月)

2020年1月時点のプライオリティパスで入れる日本およびグアムのラウンジ一覧です …

妊婦だけど海外旅行に行っても大丈夫?

楽しみにしていた海外旅行。 出発の日が近づいてきたら発覚した「妊娠」。 海外旅行 …

なぜグアムは卒業旅行にもオススメなのか?

2月・3月は卒業旅行シーズンですね。 どこに行こうか悩んでいる人も多いのではない …

エコノミーでもビジネスクラスの空港ラウンジを使える方法

海外旅行に行くのなら、空港でも優雅に過ごしたいものです。 実は旅行に慣れている富 …

ゴールドカードで入れる成田空港ラウンジの利用方法や利用条件、過ごし方について

空港のラウンジ利用という言葉だけは聞いていても、実際には使ったことがないという方 …

学生のグアム旅行に現金を持たせるのが不安な場合にはトラベルプリカの検討を

最近は学生の修学旅行先に海外が選ばれることが普通になりましたね。 といっても、タ …

グアム旅行におすすめなクレジットカードランキング

グアム旅行に行く場合、現金を持って行くよりもクレジットカードを使う方が圧倒的にお …

グアムの各都市の特徴と、代表的な地区名

グアムは全部で19の都市に分かれており、便宜上「北部」「中部」「南部」と地域ごと …

海外でグルメな本場のハンバーガーをオーダーする時の注意点。メニューの見方など

海外・・・特にアメリカ圏に行ったなら、1度はファストフードではない「本場のグルメ …

         

  こんな記事も読まれてます

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い