200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムの各都市の特徴と、代表的な地区名

グアムは全部で19の都市に分かれており、便宜上「北部」「中部」「南部」と地域ごとに分けられる事があります。

スポンサーリンク

地域と都市

guam_map1

北部の都市

  1. ジーゴ (Yigo)
  2. デデド (Dededo)
  3. タムニン (Tamuning)

中部の都市

  1. マンギラオ (Mangilao)
  2. バリガダ (Barrigada)
  3. モンモン・トト・マイテ (Mongmong-Toto-Maite)
  4. ハガニア (Hagatna)
  5. シナハニャ (Sinajana)
  6. ハガニア・ハイツ (Hagatna Heights)
  7. チャランパゴ・オルド (Chalan Pago-Ordot)
  8. アサン (Asan)
  9. ピティ (Piti)

南部の都市

  1. ゾーニャ (Yona)
  2. サンタリタ (Santa Rita)
  3. アガット (Agat)
  4. タロフォフォ (Talofofo)
  5. ウマタック (Umatac)
  6. イナラハン (Inarajan)
  7. メリッツォ (Merizo)

北部 (North Area)

ジーゴ (Yigo)

アンダーソン空軍基地がある村。
砂浜の白さNo.1のリティディアン・ビーチがあるのもジーゴ。

デデド (Dededo)

グアムのローカルが多く住む地域。
マイクロネシアモールというグアム最大のショッピングモールや、朝市が有名。

タムニン (Tamuning)

言わずと知れたグアムの中心街。
タムニンの北に位置するタモン地区はグアムで最も栄えており、観光客が集まる地区となっている。

タモンの他にもタムニン地区、ハーモン地区、アッパータモン地区、オカ地区、イパオ地区など。

また、恋人岬という観光スポットがあるのもタムニン。

中部

マンギラオ (Mangilao)

グアムで唯一の大学「グアム大学」がある地域。
また、島のメインプリズンがあったり、

バリガダ (Barrigada)

グアム国際空港こと、アントニオ・B・ウォンパット国際空港がある地域。

モンモン・トト・マイテ (Mongmong-Toto-Maite)

モンモン・トト・マイテの3地区からなる住宅地。
首都ハガニア、グアム国際空港に隣接している。

ハガニア (Hagatna)

グアムの首都。司法・立法・行政が集まる村。
商業施設も多く、また最大の港「ハガニアボートベイスン」がある。

観光スポットも多く、大酋長キプハの像、ラッテストーン公園、チャモロビレッジなど。

シナハニャ (Sinajana)

グアムで最も古い雑貨店「バトラーズ・インク」がある。

ハガニア・ハイツ (Hagatna Heights)

首都ハガニアに隣接する住宅地域。別名ツツハン。

チャランパゴ・オルド (Chalan Pago-Ordot)

チャランパゴとオルドの2地区からなる地域。
オルドにはオルド・ダンプという埋め立てゴミ処分場があります。

アサン・マイナ (Asan-Maina)

アサン地区、マイナ地区からなる地域。

ピティ (Piti)

戦争記念館やダイビングスポット「ピティ・ボム・ホール」などがある地域。

南部

ゾーニャ (Yona)

第二次大戦中に日本のグアムにおける最大の捕虜収容所があったところ。

現在はマネンガンヒルズという地区にグアム島の1%の敷地を占めるという広さのレオパレスリゾートが建っている。

サンタリタ (Santa Rita)

第二次大戦以降に確立された、グアムで最新の村。

アガット (Agat)

グアムで二番目に大きい港、アガットマリーナがある地域。

マンゴーフェスティバルの舞台となる村。

タロフォフォ (Talofofo)

チャモロ人が長年住んでいた村。
観光スポットはタロフォフォの滝公園。
日本軍の横井庄一氏が30年近く隠れていたのもタロフォフォのジャングルで、
横井ケーブという当時の隠れ家を再現したレプリカがある。

また、有名なハンバーガーショップがあるのもここ。

ウマタック (Umatac)

探検家マゼランが1521年に訪れた地域。
グアムで一番高い山、ラムラム山(標高406メートル)がある。

観光スポットとしてマゼラン記念碑や砲台レプリカなど。

イナラハン (Inarajan)

溶岩で海と遮断された天然のプール「イナラハン天然プール」が観光スポット。
週末にはローカルが勢い良くダイブする光景も見られるが、危険なので真似しないように。

メリッツォ (Merizo)

グアム最南端の地域で、チャモロ文化の伝統が残る村。

グアムで一番美しいと言われる遠浅のビーチを持つ島、ココスアイランドビーチはこのメリッツォ村からボートで10分の場所に位置する。

スポンサーリンク

 - グアム旅行の基本情報

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2016/04/16

  関連記事

初めてのグアム「失敗しない過ごし方」まとめ。

グアムで何が楽しめるんだろう・・・ 楽しくなかったらどうしよう・・・ 初めてグア …

年末年始グアム旅行の相場。できるだけ安く行くには。

年末年始を海外で過ごしたいと考える人も多くなりましたよね。 グアムは日本から近く …

グアムの国名や場所、大きさや歴史について

日本人にとって一番馴染みのある外国といえるグアム。 「グアムにはよく行っているけ …

ゴールドカードで入れる成田空港ラウンジの利用方法や利用条件、過ごし方について

空港のラウンジ利用という言葉だけは聞いていても、実際には使ったことがないという方 …

エコノミーでもビジネスクラスの空港ラウンジを使える方法

海外旅行に行くのなら、空港でも優雅に過ごしたいものです。 実は旅行に慣れている富 …

日本にいるぐらい安全?グアムの治安について

毎年、多くの日本人が観光・バカンスに行くグアム。 日本から3~4時間と近いことも …

グアム旅行に必要なパスポートの有効期限について

グアムへの旅行が決まったけど、 パスポートの期限大丈夫だったかな・・・。 早めに …

グアムってどんなところ?はじめてグアム基本のきほん

このページでは「グアムってどんなところなの?」という基本中の基本情報についてまと …

初めてのグアム旅行で気を付けたい注意事項まとめ。治安やルール、熱中症対策など

日本から3~4時間で行ける南の島、グアム。 多くの日本人観光客が訪れているので街 …

グアムにESTAは必要?グアム旅行の際に申請が必要な査証・認証について

海外旅行の時にはVISA(ビザ)やESTA(エスタ)という言葉をよく耳にすると思 …

         

  こんな記事も読まれてます

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い