200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

2歳半の子どもを連れていったグアム旅行。体験談と注意点。

今回、2歳半になった息子を連れてグアムに行ってきました。
前回1歳になったばかりの頃に連れて行った時は本人も何が何やらわかっていませんでしたが、さすがに2歳半にもなれば「普段と違う」というのは感じてくれたようです。

2歳半の子どもをつれて行くグアムがどんな感じか、体験談を綴ります。

グアム旅行記。1歳児とのグアムでの過ごし方と反省点。次があったら改善したいこと。

スポンサーリンク

空港での過ごし方

今回は事前に「あと〇日したら飛行機に乗って海に行くからね」と言い聞かせていただけあって、息子もずっと「飛行機に乗る日」を楽しみにしていたようです。

空港では早々にチェックインを済ませ、食事をしたり、空港探索をしたりして過ごしました。

成田空港には飛行機の離着陸が見られるスペースがあるので、寒くない時期に出発される方であればそこでもある程度時間を潰せるかもしれません。(うちの息子は早々に飽きてました)

時間が来て出国ゲートを過ぎたあとも1時間ぐらいの待ち時間があったので、キッズパークを利用させてもらいました。
成田空港の場合、数か所設置されているため出発ゲートの近くにあるキッズパークでギリギリまで遊べた感じです。

飛行機は飽きるのが問題

1歳の時には子供の席はありませんでしたが、2歳半は席を一つ用意して貰わなければなりません。
ツアーによっては高額になってしまうのですが、おかげで広々と使うことができるので、1歳の時よりもだいぶ楽に渡航できました。

事前に100円ショップで買っておいた飛行機のおもちゃを受け取ってかなり興奮しています。

機内食もちゃんと子供用のものが用意して貰えました。
残念ながら時間的にお腹が空かないタイミングだったので息子は一切手をつけませんでしたが、なかなか可愛い感じだったし、普通に美味しかったです。

心配していた離陸時の恐怖感や耳抜きできないことによる体調不良などは特に出ず。

ただ、やっぱりすぐに飽きちゃいますね。
機体が安定しないうちにシートベルトを外したがったり、前の座席をガンガン叩いちゃったり。
※幸い閑散期だったので前の座席が空席で助かりました。

私達が乗ったUNITEDが既にイヤホンもモニターも廃止されている便だったので、持って行った玩具以外で時間を潰す方法がなかったのは辛かったです。
※スマホとイヤホンがあれば、UNITEDの機内サービスの映画を観たりすることはできます。

ただ、1時間もすると眠くなってきたようなので、運よく3席並んで取れていたため、真ん中の席に寝かせることにしました。
おかげで着陸までグッスリ。

我が家だけでなく、他の子連れ家族さんも小さいお子さんはだいたい寝てましたね。
いくら近いとはいえ、子供にとって動き回れない3時間はつらいだろうなと思います。

入国・出国の体験談

入国審査や出国時の検査は家族単位、または親子は一緒にやってもらえます。
なんなら指紋のチェックとかも息子は免除されてました。

なので、特に心配することはなかったです。

エキストラベッドは必要か

ホテルにてエキストラベッドやベビーベッドを申し込むべきか迷いましたが、結果から言えば必要ありませんでした。
というのも、ベッドを上の写真のように勝手に移動してくっつけて利用することができたからです。
真ん中に子供を寝かせれば落ちる心配もありません。
ホテルのベッドはだいたい大きいので3人で寝ても余裕でした。

キングサイズベッドのお部屋を選べればベッドの移動も必要ないのでいいかもしれません。

食事は食べ慣れたものが好きみたい

我が家の息子はもともと食がとても細く、ごはんもいつも残してしまう感じです。
グアムにおいてはそれが顕著に出てしまい、親としてはとても心配でした。

滞在2日目の夜あたりに「昆布おにぎりが食べたい」と言い出したのでABCストアで買ってあげたところ、喜んで食べました。

大人からすると、たかだか2泊3日程度の旅で、パンケーキやBBQばかりの食事になってしまったとしてもどうってことありませんが、子供からしたらやっぱり普段食べ慣れたものの方が嬉しいんでしょうね。

子どもがいない頃にグアム旅行に行く時は日本食レストランのお店に何の魅力も感じませんでしたが、今となっては必要な存在であると感じるようになりました。

車酔いに注意

今回私達はレンタカーを利用して南部ツアーやリティディアンビーチへ行ったのですが、グアムは道がそこまで良い状態ではないため、息子も酔ってしまうことがしばしばありました。

すぐに車を停めて気分転換させたりしましたが、「おへやにかえろ?」とたびたび言われていたので、相当つらかったんじゃないかなと思います。

同様に、BBQディナーの送迎バンも運転が荒く、大人も酔うほどだったので・・・小さい子連れの場合には車であちこちいくプランは考え物かもしれません。

果たして2歳半の子どもはグアムを楽しめたのか!?

いろいろありましたが、結局のところ息子自身は楽しかったのかどうか?
今後のグアム旅行のためにも、そこがとても重要な部分だと思います。

その答えは・・・「また、グアムのおうち、いこうね?」と帰国後に繰り返し話していることを考えると、楽しかったんだと信じたいですね!

やっぱり1歳のとき以来のビーチというのも、彼の記憶においては新鮮なものだったんだろうと思いますし、何よりも四六時中パパとママと一緒にいられた3日間というのが嬉しかったのかもしれません。

「子どもが小さいうちに海外旅行に連れていくなんて親のエゴだ」と言う意見もあるかもしれませんが、少なくとも息子が楽しんでくれたんだということを思うと、良かったんじゃないかなと感じています。

次は3歳か4歳か・・・はたまたもっと先かはわかりませんが、その時にはまたその時の楽しみ方があるんだろうなと思うと今から楽しみです。

スポンサーリンク

 - 子連れグアム

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/10/01

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い