200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムで人気のエビ専門店「ビーチンシュリンプ」のメニュー、値段、場所など(BEACHIN’ SHIRIMP)

世界各国のエビ料理が楽しめる人気店「ビーチンシュリンプ」。
エビ好きにはたまらないレストランです。

「世界各国のエビ料理」なんて言うとスパイスが効いたものを想像するかもしれませんが、お子様からおじいちゃんおばあちゃんまで幅広く楽しめるのでご安心を。

グアムのビーチンシュリンプはザ・プラザとPICの斜め向かいの2店舗があります。
どのホテルからもそこそこ近く便利なのでぜひ利用してみてください。

ただ、タモン店のディナータイムはかなり混雑するので、早めの時間を利用したりすこし遅らせたディナーにするのがおすすめです。

【追記】2018年8月に訪れた時、マイクロネシアモールにも店舗がオープンしていました。

スポンサーリンク

おすすめメニューと値段

ビーチンシュリンプのおすすめメニューを紹介します。
ちなみに店頭のメニューには日本語の記載もあるので、英語が苦手でも心配無用です。

絶対オススメ!「ビーチンシュリンプ」$17.99

飲食店で、お店の名前が入ったメニューがあったらそれは絶対にオーダーするべきでしょう!
というのも、そのお店が自信を持ってオススメしているメニューだからです。

お店の名前がついたビーチンシュリンプ、運ばれてきた状態だとエビ(シュリンプ)が見えず・・・なんだか辛そうなただのスープに見えますね。

でもこのとおり。
スープの中には小ぶりのエビがゴロゴロ入ってました。

プリプリで食べ応えのあるエビが10匹分くらいは入っていたかな?

ガーリックやハーブが効いて少しだけスパイシーなスープ。
そこにじっくりと煮込まれたエビのダシがこれでもかというくらい染み出ていて絶品・・・!

スープと一緒に提供されるふわふわのパンを浸しながら食べると・・・手がとまりません(笑)

しかもパンのお替りは自由。
シンプルな味の温かいパンにジュワっと染み込んだスープ・・・これなら無限に食べられそうです。

スープがアメリカンサイズなこと、パンがお替り自由なことを考えるとシェアするのがいいかもしれないですね
やや少食の人が2人で行ったのならこれだけでおなかいっぱいになってしまうかもしれません。

ちなみに看板メニューのビーチンシュリンプにはライスが付いてくるものやパスタ入りのメニューもありますが、パンだけで満足できるので個人的にはノーマルのものをおすすめします。

「ココナッツシュリンプ」$17.99

衣にココナッツを使用したエビフライのココナッツシュリンプ。
エビの下にスイートポテトフライがぎっしり敷かれていました。

ココナッツのクセがあまりないので誰にでも食べやすい味だと思います。
辛さやスパイシーさもないのでお子様でもOK。

実際、今回同行した3歳の息子はこのエビフライを1人で6匹くらい食べてました。
※スイートポテトフライもよく食べてましたね~。

このメニューに付いてくるスイートチリソースはエビにもスイートポテトフライにも、どちらにもよく合います。
クラフトビールを飲みながらつまむにも最適なメニューと言えるでしょう。

ミナゴフビール

海老料理には白ワインを合わせたいと思う人も多いかもしれません。
でも、せっかくならグアムのクラフトビール「ミナゴフ」と楽しんでみてはいかがでしょう?

苦みの強いIPA(アイピーエー)、香り高いPaleAle(ペールエール)、どちらも生ビールで用意されています。

南国カクテル

南国なので、ランチからカクテルを楽しむ・・・なんてのもいいですね。
オススメは写真のフローズンマルガリータです。

お酒の価格は失念してしまいましたが、ドラフトビールでも日本で飲むよりは安く、カクテル類は日本で飲むのとあまり変わらないぐらいだったと思います。

その他のメニュー

その他にもエビ料理はまだまだたくさんありました。

スぺイン料理の「ガンバス・ガーリック・シュリンプ」$16.99

画像はhttps://www.facebook.com/BeachinShrimp/より

画像はhttps://www.facebook.com/BeachinShrimp/より

アヒージョのようなオイル煮の料理。
ガーリックが効いていてお酒に良く合います。

カリフォルニアスタイルの「カリフォルニア・シュリンプ・アボカドロール」$11.99

画像はhttps://www.facebook.com/BeachinShrimp/photos?ref=page_internalより

画像はhttps://www.facebook.com/BeachinShrimp/photos?ref=page_internalより

エビと相性抜群のアボカドが入った春巻きのような料理。
モントレージャックチーズ、玉ねぎ、ベーコンが一緒に入り、食べごたえ充分。

クラムチャウダー $9.99

画像はhttps://www.facebook.com/BeachinShrimp/photos?ref=page_internalより

画像はhttps://www.facebook.com/BeachinShrimp/photos?ref=page_internalより

辛さのないクラムチャウダーはお子様にオススメ。
フカフカのパンにたっぷりのクラムチャウダーが入っていてボリューム満点です。

また、グアムの郷土料理(チャモロ料理)代表の「ケラグエン」はもちろんエビを使ったタイプ。
アメリカ料理のアペタイザーの定番「シュリンプカクテル」はメキシカンにアレンジされていました。
アルゼンチン風の「チミチュリシュリンプ」なんて聞きなれない料理もあります。

とにかく何でもかんでもエビで攻めてきてくれるので、色々なエビ料理を注文して楽しんでみたいですね。

お店の雰囲気

ビーチンシュリンプの店内は明るくて、とてもカジュアルな雰囲気。
子供連れでも気軽に利用できます。
ハイチェアの用意ももちろんあるので安心してください。

店員さんも明るくて元気な方ばかりでした。
カメラを持っていると、積極的に写真撮影してくれたり、中には一緒に写真に写ろうと入り込んでくる店員さんも。

タモン店はテラス席も用意されています。
ランチの時間は暑いですが、ディナータイムにはテラス席も埋まるほど人気です。

営業時間

営業時間は10:00~22:00(金土のみ23:00まで)。

ザ・プラザ店もPICの向かいの店舗も営業時間は同じ。
休憩時間なく営業しているので、いつでも利用可能なのはうれしいポイントです。

ちなみにメニューはどの時間も変わらず。
ランチメニューはありません。

予約

人気のお店ですが、予約必須という感じではありません。
ピークタイムには満席で待つことがあっても、20~30分で案内されることが多いです。(タモン店の場合)

PICの斜め向かいの店舗の方が広く席数も多いので、ザ・プラザ店であまりに待つようならPICの斜め向かいに行ってみるのもいいかもしれませんね。

時間を有効に使いたい場合はお店に電話をして予約をしておきましょう。
ホテルのコンシェルジュに頼んでもいいと思います。

ただ、もしかしたら回転が速い小さなお店さんなので予約対応がない可能性もありますね。

現時点では日本語で予約ができる「グルヤク」でも予約の受け付けがありませんでした。

行き方・地図

ザ・プラザ店

赤いシャトルバスのタモンシャトルに乗り、「アウトリガー/ザ・プラザ前」下車。
ザ・プラザのサウスウィング(サンドキャッスル側)1階にあります。
大通りに面しているのでわかりやすいと思います。

PIC斜め向かい

赤いシャトルバスのタモンシャトルに乗り、「パシフィックアイランドクラブ向かい」下車。
バスを降りたらバスの進行方向と逆に進んでください。
停留所から見える緑色の屋根の建物(ピンクの建物の隣)の1階にあります。

マイクロネシアモール店

マイクロネシアモール1階にあります。

ディスカウントショップのROSS DRESS FOR LESSの近くです。

基本情報

店名 BEACHIN’ SHIRIMP
ジャンル エビ料理専門店
営業時間 10:00-22:00 金土のみ23:00まで(どちらの店舗も同じ)
定休日 なし
価格帯 $25前後
場所 ザ・プラザ内1階
PIC斜め向かい
マイクロネシアモール1階
TEL ザ・プラザ店:1(671)642-3224
PIC斜め向かいの店舗:1(671)989-3224
WEB https://www.facebook.com/BeachinShrimp
https://www.instagram.com/beachinshrimp/
https://theplazaguam.com/beachin-shrimp-3/
支払方法
ドレスコード カジュアル
予約 不要
キッズ
口コミ
スポンサーリンク

 - アメリカン・ローカル

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/07/27

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い