200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムお土産探しの味方【Kマート】の場所と行き方。ホテルから歩いて行くには?

グアムで日用品やお土産を買うのに適しているのは大型スーパーの「Kマート」です。

アメリカ全土に展開しているスーパーで、食料品からお土産まで何でも揃うのが魅力。
個人的にはKマートでいつもビニール袋にパンパンになるほどお土産やらおやつやらを買って帰る事になります。

ただこのKマート、ホテルロード沿いにはないので行き方で迷う人も多いみたい。
先日旅行した際も、「Kマートってどうやって行ったらいいんですか?」と日本人ツーリストに尋ねられたほど。

というわけで、Kマートの場所と行き方についておさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

Kマートの場所

Kマートはホテルロードよりも1本内陸側、丘の上を走る「マリンコープドライブ」沿いにあります。
地区で言うとハーモン地区というところになるのですが、ほぼタモンです。

ホテルロードからはロイヤルオーキッドホテルとヴェローナリゾート&スパの間の坂を登り切ったところがマリンコープドライブで、その正面にある大きな敷地の奥に見えているスーパーがKマートです。

通常はシャトルバスやタクシー、レンタカーで行くことになりますが、近年は徒歩でいく人も増えているみたいですね。
ただ、徒歩の場合は注意しておきたい部分があるのも確かです。

Kマートの行き方

シャトルバスの場合

グアムへパッケージツアーで旅行すると、ツアー会社から各種シャトルバス・トロリーの周遊券を貰える事が多いです。
このシャトルバスは基本的にはホテルロードの周遊を目的としたもので、マイクロネシアモールからタモンの各ホテルを周り、GPOまでいくというルートになります。
その間にKマートは含まれていません。

市内を走るメインのシャトルとも言える赤いシャトルバスもそうですし、HIS系列のシレナトロリーも同様です。

ではどうやって行くか?というと、TギャラリアとKマートを往復するシャトルを利用する方法、マイクロネシアモールとGPOを結ぶ別ルートのシャトルを利用方法の2つがあります。

TギャラリアとKマートを往復するシャトル

実はこれが一番便利かなと思います。

タモンの中心街にあるDFSモールのTギャラリアと、Kマートを往復してくれるシャトルがあるので、タモン中心街に宿泊している方ならほぼ直通でKマート行ける事になります。
※赤いシャトル、シレナトロリー両方とも。

Tギャラリアの近くに宿泊していない方でも、ホテルからTギャラリアへは基本的に無料送迎が出ていますので、それを利用すればOK。
また、ホテルロードを走るシャトルなら必ずTギャラリアには立ち寄る為、そこで乗り換えればOKです。

ただ、いずれにしろ乗り換えが発生するので、時間のロスは否めません。

とはいえ、Tギャラリア周辺はザ・プラザやJPスーパーストアなど、他にも立ち寄るべきスポットもあるので、ついでに色々見ちゃおうと思えばちょうどいいかもしれません。

ショッピングモールシャトルの利用

このシャトルはマイクロネシアモール→Kマート→GPOを往復してくれるものです。
赤いシャトル・シレナトロリーどちらもあります。

こちらも若干面倒なのが乗り換え。

ホテルロードからマイクロネシアモールまたはGPOまでシャトルで行き、そこからショッピングモールシャトルに乗り換えて行く為、余計な時間のロスが発生してしまうというところがネックですね。
しかも各モールでの乗り換えは、そこまでスムーズではなかったりしますし、現地の人は時間にルーズなので、心にゆとりを持って行動しないとイライラさせられるかもしれません。

オススメは、ショッピングをする日はこの3つのモールを周遊して帰る、と決めて動くことです。

朝、GPOに向かって、GPOでショッピング。
GPOは一応グアムで一番安価に商品が入手出来ると言われているので、ここで気に入ったものがあったら先に買っておけばいいと思います。

で、ショッピングシャトルを待ちながらGPOのフードコートで休憩。

シャトルの時間が来たらKマートに向かい、Kマートでショッピング。
お土産や日用品を中心に見るといいと思います。
食料品は傷みやすいものは避けて買うようにしましょう。

ここでの買い物が終わったら、またショッピングシャトルを待ちながらKマートのフードコートで休憩。

シャトルが来たらマイクロネシアモールに向かい、最後はマイクロネシアモールでショッピング。
マイクロネシアモールはフードコートやカフェが充実しているので疲れてもすぐに休憩できるのが魅力です。

併設するペイレススーパーマーケットで最後に食料品を揃えて、ホテルロードへ向かうシャトルを待つ、といったような感じです。

これで効率的にKマートを含めたショッピングモールめぐりが出来るのではないでしょうか。
ただし注意して欲しいのは、道中購入したものはずっと持ち歩かなくてはならないということ。

大きめのデイパックなど負担の少ないカバンを持って行動するなど工夫が必要です。

徒歩・レンタサイクルで行く場合

シャトルの場合、乗り換えの手間を考えると遠回りになりますし、逆に時間がかかってしまう事も。
また、シャトルのチケットが付かない旅行の場合は、Kマートに行くためだけにシャトルのパスを買わなければなりません。

そこで最近は徒歩で行こうとする方も増えているようです。

徒歩またはレンタサイクルで行く際は、ホテルロードからはロイヤルオーキッドホテルとヴェローナリゾート&スパの間にある、丘に向かって伸びる坂をひたすら上がっていくことになります。

坂の下からKマートまでの距離はざっと700~800メートルといったところ。
普通に歩けば大人の脚で10分程度といったところだと思います。

ただ、あくまで坂の真下からの距離であり、そこまでの足も考慮しなければなりません。
ホテルロードを走るシャトルの場合、ホリデーリゾート/フィエスタリゾート前か、PIC前で下車して歩いて行く事になるのでさらに数百メートルプラスされます。

ホテルロード以外にも、タムニン・イパオ地区からはマリンコープ沿いを歩いて行くことも出来ます。
例えばウィンダムガーデンホテルからKマートまでは2km程度なので、だいたい25分ぐらいで行ける計算になります。

炎天下に注意

たかだか700~800メートルと思うかもしれませんが、グアムの気候は日本の真夏とほぼ変わりません。
ただ歩くというだけで相当な体力を奪われるのが事実です。

しっかりと日差し対策をして、水分をこまめに摂るなど熱射病への対策が必要です。

また、尋常じゃないほど汗をかくことになりますので、タオル等の持参と、やはり水分は補給できるようにしておくようにしましょう。

トラブルに注意

グアム島は、タモンの中心街以外は基本的に通りを人が歩きません。
その為、歩いている人を見ると「日本人だ」とすぐにわかってしまいます。

これが何を意味するかというと、狙われやすいということ。

グアムは比較的治安も良い方なので、通りを歩いたら必ず狙われるというわけではありませんが、
日本ではない(特にアメリカでも田舎の島)という事を理解して、自己責任で行動する必要があります。

以前タムニン地区のホテルから近くのファミレスまで1km近く歩きましたが、誰一人ともすれ違う事がありませんでした。
代わりに車はビュンビュン走っているので、完全に車社会だということですね。

特にKマートへ向かう坂を歩く人なんて本当に日本人しかいませんから、ターゲットにされやすい事、実際に被害にあった報告例があることを理解しておきましょう。

帰りは荷物を持っていることを考慮

さらに徒歩またはレンタサイクルで行く場合には、帰りにたくさん買い物をした袋を持ったまま歩いて帰るんだという事を忘れずに。

同じ700メートルでも倍ぐらい遠く感じます。

おわりに

Kマートは便利で、個人的にはグアム旅行の楽しみの一つになっているぐらいの場所だったりします。
当初はおみやげぐらいしか興味がありませんでしたが、普通に衣料品なんかを買うのも楽しいです。

また、おもちゃがグアムのおもちゃ屋さんのどこよりも揃っているので、子供には嬉しい場所かもしれませんね。

ただし、Kマートでのシャトル待ち時間に絡まれてたかられるなどの被害も出ていますので、十分注意の上行くようにしたいです。

お土産探しにもピッタリな人気スーパー「Kマート」を徹底紹介!

スポンサーリンク

 - グアムのショッピング情報

         

あなたにオススメのもう1記事

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2018/10/15

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い