200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

日本からグアムへのLCC・格安航空券について。羽田・関空からピーチ・バニラなどはあるの?

airasia

近年急成長を遂げているLCC(Low Cost Carrier = 格安航空会社)。
色々と制限はあるものの、渡航先で別途宿の確保ができるのであればツアーを選ぶよりもお得に旅行ができて便利です。

近年パッケージツアーの価格もやや上昇傾向にあるグアムですので、できるだけ安く渡航するためにLCCを候補に入れたいという方も多いのではないでしょうか?

そこで、グアムへのLCC・格安航空券の事情についてまとめました。
※2019年6月現在の情報です。

スポンサーリンク

グアム旅行のLCCについて

首都圏からのLCC直行便はない

実は現時点において、成田・羽田からグアムへの直行便LCCフライトはありません。

成田・羽田からグアム国際空港への直行便がある航空会社は次の2つ(チャーター便を除く)なので、これらの航空会社いずれかを使うことになります。

  • JAL (日本航空)
  • ユナイテッド航空

※2018年5月追記:デルタ航空および大韓航空の日本からの直行便は無くなりました。
※2018年7月には韓国系LCCの「ティーウェイ航空」が運行されていますが、チャーター便のみです。

関空、セントレアからはLCCあり

首都圏からのLCCはありませんが、関西国際空港(KIX)からは韓国系LCCの「t’way(ティーウェイ)航空」が週3でグアム便を発着させています。
中部国際空港(NGO)からもだいたい週1ペースでt’wayのグアム直行便があるようです。

いずれもフライト時間は3時間半程度。
価格は片道15,000円~。

※ティーウェイ航空の公式サイトはこちら
http://www.twayairlines.jp/

また、関空からは同じく韓国系LCCの「JEJUAir(チェジュ航空)」もグアムへの直行便が出ており、一番安価な時だと往復で2万円程度というチケットもありました。

※チェジュ航空の公式サイトはこちら
https://www.jejuair.net/

ピーチ・バニラなどの可能性

なぜ成田や羽田からはt’wayやJEJUのグアム行きがないのかというと、「以遠権(beyond right)」という決まりごとが関わってきています。

基本的に飛行機は、自国を含まないフライトというのはあまり望ましいものとされていません。
たとえば韓国の航空会社が日本↔グアムという便を設定した場合、発着地に韓国が含まれていませんよね。

本来であればこういう便を設定してしまうと日本からグアムへフライトする国内の航空会社に影響しますのでNGとされているわけです。
※JALやANAなど国内航空会社とのコードシェア便を除く

以遠権を行使するとこうした便が認められることになり、前述した関空やセントレアからの韓国系LCCというのが存在できるようになります。

ただしこの以遠権が自由化されているのは「首都圏以外」であり、成田や羽田といった空港では基本的には認められていない現状です。

では日本のLCC(ピーチ、バニラ・エア)ならどうでしょうか?

どちらもリゾート地への進出を念頭に入れているという発表はなされていますが、実現のためには日本とグアムの間で「相互に人が行き来する需要」が前提だそうです。

日本からだけでなくグアムからの渡航者も多く見込めない限りは難しいということなので、なかなか実現しなさそうですね。

LCCを使わなくてもグアムは十分安い!

LCCがないからと言って残念に思う必要はありません!
グアムは日本に近いこともあり、ツアー会社から多くの格安パッケージツアーが発売されています。

※ツアーといってもガイドさんがついて観光地を回るようなものではなく、格安航空券とホテルがセットになっているというだけのもの。

自分で個別にホテルと航空券を予約する必要もなく、セットで申し込めてLCCよりも安価に旅行できる場合がほとんどなので、グアム旅行は特別なことがない限りはパッケージツアーで十分安く渡航できるのです。

3万円台からあるグアム格安パッケージツアー

グアムのパッケージツアー(航空券+ホテル)は本当に格安から揃っています。

どうしても年末年始やゴールデンウィーク、お盆などのハイシーズンは一気に跳ね上がりますが、例えば乾季である4月でも、3泊4日で3万円台のツアーならゴロゴロとあります。

ただしLCC利用時とはマイルの加算具合が違う場合がありますのでそこは注意が必要です。

はじめてのグアム旅行ならお得で安心なパックツアーがおすすめ!

※2018年5月追記:日本からグアムへの渡航者は年々減少しており、安価なツアーも最近はあまり出なくなりました。
現時点においては格安ツアーでも3泊4日で4万円~と考えておいた方がよいでしょう。

格安ツアーの注意事項

格安ツアーの場合、3泊4日程度なら、格安航空券+現地の宿泊施設を別個で抑えるより断然安いです。

さらに空港からホテルまでの送迎がついている事がほとんどですし、プランによってはグアム島内でのシャトルバス周遊チケットまでついています。
なので、安くグアム旅行に行きたいと思っている方になら格安ツアーもかなりオススメ。

ただし、格安ツアーには落とし穴が2つだけあるので紹介しますね。

フライト時間が劣悪

1つはフライトの時間です。
格安ツアーの場合、ほぼ100%、行きは深夜着、帰りは早朝発のフライトになるでしょう。

成田発だったら、だいたい日本を出発するのが20時半あたりで、現地に0時(現地時間1時)に到着。
そこから入国手続き(グアムの入国審査はめちゃくちゃノロノロです)をして、だいたいホテルに着くのが2時~3時と言った感じで1日目が終わります。

翌日・翌々日はまる2日フリーで遊んで、3日目の夜中(4日目の早朝)3時頃にホテルでピックアップ。
グアムを朝の5時ごろ出発し、日本に7時半ごろに到着する感じです。

3泊4日なんて書かれてても実質まる2日と言ったイメージ。
優雅に遊んで帰るというよりは、なんとなく弾丸的です。

ホテルを選べない

もうひとつはホテルを選べないプランが多いこと。
場合によっては辺鄙なホテルになってしまう可能性も。

グアムは「ホテルロード」と呼ばれるタモン地区のメインロード沿いにホテルや飲食店などが並んでいます。
その奥にビーチがあるので、多くの人は当然ホテルロードのホテルに宿泊したいわけですよね。

ですが、格安ツアーだとホテルロードから離れたホテルに宿泊することになる可能性があるのです。

実際私たちも格安ツアー利用時にイパオ(タモンの隣)の丘の上にあるホテルに宿泊したことがありますが、歩いて行ける範囲には観光スポットもビーチもなく、結局レンタカーを借りないと楽しめず、格安ツアーの恩恵を受けられませんでした。

ウィンダムガーデン・グアム・ホテルの基本情報!立地最悪なのにオススメなのは何故?

※ビーチやショッピングモールまで歩いて行けない事もないけれど、「グアムで外を歩いているのは基本的にツーリストだけ」という事で狙われやすいという話もあるので注意。

また、安価なツアーではホテルのグレード自体も低い可能性が高いので、リゾート感は当然味わえません。

おわりに

というわけで、グアムへ直行するLCCと格安で行く方法のまとめでした。

グアムは本当にとても安いツアーがたくさん発売されてますので、初めての海外旅行や学生さんの旅行にもぴったりですね。

ちなみに筆者が行ったグアム旅行で一番安かったのは、往復航空券+2泊3日のグアムプラザホテル宿泊がついて15,000円というもの。(当然雨季+平日でしたが)

リゾート感こそ味わえなかったものの、グアムの雰囲気を楽しんだり、買い物したり、ビーチでゴロゴロするには申し分なかったので個人的には満足でした。

スポンサーリンク

 - グアムのツアー

         

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

      2019/07/29

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い