200%グアム!| レストランや観光スポットまとめ

こどもと楽しむ、大人ももっと楽しめる、はじめてのグアムを200%満喫する為の情報サイト

*

グアムに現金はいくら持っていけば足りる?現地で両替できるレートがお得な場所について

 - グアム旅行の基礎知識

      2018/03/12

exchange

グアム旅行において気になる「現金」について。

いくら持っていけばいいのか?現地でどの通貨が使えるのか?
お得な換金はどこで行えるのか?などをまとめました。

スポンサーリンク

グアムで使える通貨について

グアムはアメリカ領なので、日常的に使われている通貨は米ドル(USD)です。

2018年3月現在のレートで、$1=106円。

だいたい1ドルあたり100円+αぐらいと思っておけば問題ないでしょう。
(日本だと100円に消費税が加算されて108円になるので、同じぐらいの感覚でいられます。)

ここ数年だと2015年末に125円ぐらいだったのが2016年の中頃には108円ぐらいになり、2017年末ぐらいにはまた115円ぐらいに上がって、現在が106円と下がっています。
価格変動はありますが、だいたい100円+αぐらい・・・といった感じですね。

※その昔、2008年のリーマンショック後は70円台まで円高だったこともありました。

 日本円も使える?

グアムでは日本人が観光で多く行くような場所・お店の場合、日本円(JPY)での支払いが出来ることもあります。
日本円で支払ってもお釣りはドルで貰えるので、現地でドルが足りなくなった場合に便利ですね。

ただし、お店によってレートが異なりますし、日本で換金していくよりもたいていは率が悪いと思われるので注意が必要です。

物価はやや高め

グアムの物価は日本に比べるとやや高い印象があります。

レストランなどの価格は、メニューを見る限りだとそこまで変わらない印象があるものの、サービス料(チップの代わり)が含まれていなかったりするので結果的に10%ぐらい多めに請求されることも。

また、一般的な生活必需品が割高だったりもします。

小さな島国であることや観光地であることを考えても仕方ないことですね。

そうは言っても大手ファストフード店などでは日本より安価に利用できる場合もあるので、お店や商品によってまちまちと言えるかもしれません。

現金(USドル)はいくらもっていく?

グアムは基本的にどこでもクレジットカードが使えると思って差し支えありません。
コンビニやファストフードにおいて少額の利用だったとしてもカード決済可能です。

現金両替の際にかかる手数料や手間を考えてもクレジットカードを使っていくのがオススメなのですが、現地で過ごす際にはどうしても現金が必要なシーンというのも存在します。

例えばチャモロビレッジのような屋台では現金しか使えません。
また、ホテルのベッドメイクやポーターさんにチップを渡す時なんかもドル紙幣を持っていないと困りますよね。

それに「基本的にどこでもクレジットカードが使える」とは書きましたが、現金しか使えないお店も存在しないわけではないので・・・いくらかの米ドルは持っておくべきです。
※カードの銘柄によって使えないなどもありますし、お店側のトラブルによってカードが使えないケースも考えられます。

ではいくらもっていくかですが、一概にいくらとは言えません。
ただ、ベッドメイクに1泊$1~$2、何かあった時のために$30ぐらい、もし屋台に行くのなら屋台で使う金額($20前後ぐらい?)があれば十分だと思います。

日本での両替が一番オトク

日本円を米ドルに両替するなら、日本で両替するのが一番お得です。

外貨を扱っている銀行や両替サービスの会社を利用する事で両替が可能。
事前に両替するのを忘れていても、空港にある各銀行で出発直前に両替することが出来ます。

レートに関しては日本国内でならどこでもそんなに差はありません。
手数料も同じぐらいです。

特に現地深夜着の場合には日本で忘れずに両替をしていくようにしましょう。
夜中だとホテルのフロントぐらいでしか両替できませんが、基本的にレートが高くなるためです。
※カード派の方も日本で少額を両替して持っていくのがオススメ。

余談ですが、日本人はまだまだ現金派の方が多く、海外でも平気で数百ドルをお財布に入れて持ち歩く風潮があるそうです。
そのため特に狙われやすいんだとか。

両替をたくさんしていったとしても街歩きの時にはなるべく少ない現金を持ち歩くように心がけましょう。

危険?安全?初めてのグアム、治安や楽しく過ごすための注意事項。

グアムで両替できる場所・レート

もし現地で米ドル紙幣が足りなくなってしまっても大丈夫。
グアムに行ってからでももちろん両替は可能です。

銀行・各ホテル・ショッピングモールなどで行ってくれます。

ホテルではレートが高めと書きましたが、日本語対応をしてくれるところも多く、安易に両替をお願いできるため便利です。

逆に銀行はツーリストにとってハードルが高いですが、レートは一般的といった傾向にあります。

レートも良くオススメなのは「Tギャラリア」

グアムで両替をする時にオススメなのが、「Tギャラリア」の中の両替所。
グアムの中ではレートも良く、キレイで安心です。

Tギャラリアへはシャトルバスや無料タクシーなどがバンバン出ているので、タモン近辺に宿泊しているならとても便利ですね。

ドルのお釣りをもらうなら「ABCストア」

厳密には両替ではないですが、ABCストアでは円で買い物をしてドルでおつりをもらうことができます。

レートも悪くなく、店舗数も多いのでとでも便利。
ただ、おつりとしてドルをもらうので、当然何かしらの買い物をしなければなりません。

一番お得なのは・・・キャッシング!?

実はグアムで米ドルに両替するのに一番手数料が少ないのはキャッシングです。

日本のクレジットカードでもグアムでキャッシングすると米ドルで現金を受け取れます。
持っているカードにCirrusやPLUSのマークがついていればATMでもキャッシングできます。

基本的なATMの操作は次の通り。

  1. カードを挿入
  2. 暗証番号を入れる
  3. キャッシュカードならWITHDRAWAL(引き出し)ボタンを押す
  4. キャッシングならCREDIT CARD(クレジットカード)ボタンを押す
  5. 金額を入れ、ENTERキーを押す
  6. 現金を受け取る
  7. 続けて操作する場合はYES、終了する場合はNOのボタンを押す
  8. カードとレシートを忘れずに受け取る

クレジットカードが使えないお店を利用したい時に手持ちの現金がない場合などにはちょうどいいですね。

ただキャッシングも一般的になってきたとはいえ、やっぱりまだまだ不安という人も多いと思います。
そう思ったら、しっかり日本で両替していくようにしましょう。

おわりに

おさらいすると、グアムではほとんどの場所でクレジットカードが利用できますが、チップや朝市などの屋台ではどうしても現金が必要になります。
かといって多くの現金を持ち歩くのは危険。

そこで、「基本的にはカードで生活をし、必要最低限の現金だけ両替して持ち歩く」というのがオススメということですね。

グアムではVISAやMASTERカードなら何の問題もなくどこでも使えると思ってOKです。
JCBカードもタモン地区ならどこでも使えると思っていいでしょう。
※むしろJCBはラウンジがあったり無料Wi-Fiスポットがあったりするので、持っている人は活用してみましょう。

AMEXやDINERSもお店によっては使えなかったりしますが、基本的には問題ありません。

グアム旅行ではクレジットカードか現金か?使えるお店や種類、注意事項などのまとめ

ちなみにグアム旅行をクレジットカードで過ごす場合にお得なのは手数料やレートの問題だけではないんです。
各種クレジットカードには海外旅行保険が付帯していることが多く、場合によっては空港ラウンジが使えることもあるので手持ちのクレジットカードのサービスをもう一度調べ直してみることをオススメします。

さらにはビジネスクラスラウンジが無料で使えるようになるカードがあるのをご存知でしょうか。

マイルもラウンジも保険も!グアム旅行は楽天プレミアカードに乗り換えないと損をする!

知らない方は海外旅行で損している可能性があるので是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

あなたにオススメのもう1記事

もしお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!

  関連記事

ご注意・お願い

※本記事執筆時、参考にした資料による情報です。価格やサービスなどは最新でない可能性がある事をご了承ください。
※情報に不備不足があった場合には、お手数ですがこちらからご連絡頂けると幸いです。
グアムの最新情報を正しく提供していけるよう、口コミ情報も同時に募集しています。

掲載施設の関係者さまへのお願い